小説「Another」感想。眼帯の少女ミサキ・メイで揺さぶられる「日常」と「怪異」の境界線。「ある事実」があかされたときの驚きはさすが。でもオチのために用意されたと感じる「厄災」設定がちょっと気になる。

Another(上) (角川文庫) Another(下) (角川文庫)
Another

小説「Another(アナザー)」感想です。

アニメ化、実写映像化もされる「Another」は
館シリーズや嘆きシリーズで有名な綾辻 行人 さんが描く青春ホラーミステリです。

26年前に行った「あること」
毎年起こる3年3組の「厄災」
いるはずの人物がいない、いないはずの人物がいるクラス
そして眼帯の少女ミサキ・メイ

普通の日常の中に「不気味」な顔がちらちら見えるかんじの
背筋ぞぞぞ系ホラー展開と
なぜそうなのかを「探る」部分の
ミステリ部分がかみ合って一気に読めるエンタメです。

説明できる「こと」と説明できない「怪異」のバランスが
うまく物語がどこに収まるのか気になる展開がいいです。
そしてミサキ・メイの現実感のないキャラ設定がさらに
その境界をあいまいにさせていきます。

もちろん綾辻さんの小説なので「驚き」もばっちり!

「ある事実」があかされたとき一瞬「え?、どゆこと?」って
思わず読みなおす「サプライズ」はさすがの綾辻さんです。
しかもその伏線が「堂々」としていてとても気持ちが良いのもいいですね。
ああ!やられたなと素直に思いました。

ただ「怪異」がこのオチをしたいがために作られた設定に思えてちょっと
そこが気になったかなあ。
ホラーの「理不尽さ」設定でそこを飛び越えようとしてるのはわかってるんですけど
ことあるごとに「この現象はこういうものだ」といわれるので
その作者のロジックが表面に浮いて見えた気がしました。

シリーズ化の構想もあるみたいで、
あの怪異で残された「謎」はそのとき明らかになるのかな。

100点満点で80点

綾辻さんホラーでおすすめはこれ↓
殺人鬼  ‐‐覚醒篇 (角川文庫) 殺人鬼 ‐‐覚醒篇 (角川文庫)
ちょっとグロい描写は多いけど
「あの」サプライズはかなり衝撃的!
おもわずやられたなあっておもいますよ。

Another 限定版 第1巻 [Blu-ray] Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]

コメントを残す