映画「ロボジー」感想 おじいさんがロボを演じるという設定の面白さを裏切らないゆるくてゆかいなみんなで楽しい映画

ロボジー<Blu-ray>スペシャル・エディション(特典Blu-ray付2枚組) ロボジー

映画「ロボジー」感想です。

ロボジーとは?
「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口 史靖監督がロボットと老人をテーマにしちゃエンタメ作品。主人公の老人を演じるのは200人のオーティションから選ばれた五十嵐信次郎(=ミッキー・カーチス)。

あらすじ
「木村電気」の技術者「小林」「長井」「大田」の3人はロボット博の企業広告として「2足歩行ロボット:ニュー潮風」を開発していたが発表の1週間に大破してしまう。途方にくれた3人はロボットに人を入れて演じてもらおうとロボットに入れる人物を探すために架空のオーティションを開催し、選ばれたのは73歳の老人だった。

ロボットにおじいさんを入れるというこの設定だけでもう十分面白い今作。

だけど、一体どうやっておじいさんをロボットに入れる展開になるんだろう?って
興味しんしんで見に行きましたがこれがとても納得の展開(笑

この「ロボット」にはあの「爺さん」しかない!っていう
説得力へのもっていきかたがすばらしい。

これがあるから「そんなばかな!」展開をすんなり受け入れられながら
くすくす笑えるんですよね。

登場人物たちもいやみがなくてみててここちよいです。

五十嵐信次郎さん演じるおじいさんのおじいさんぶりは演技じゃないみたいだし(笑
家族との距離を感じながら刺激のない一人ぐらし生活シーンがしっかり描かれているので、このおじいさんがロボットを演じるっていうギャップ感に効いてます!

そしてたよりなさ全開の「木村電気」の3人。
まったくハイテク感ない彼らのノーオーラー感がすごい!

「爺さん」、別にロボット演じてないじゃん!って
つっこみいれたくなるようなシーンの連続で
あたふたする「木村電気」3人がとにかくおかしい。

でもお願いしてる手前強くいえないどころかだんだん「爺さん」のご機嫌取らないといけなくなってきたりして、それを隠すためにまたごまかして
どんどんどんづまりになっていくけどいまさらやめられない!

そして吉高由里子さん演じるロボットおたくの大学生の葉子の
愛ゆえの行動力でさらにドタバタ!

現実の「ロボット」たちとの競演!も楽しい。
「ムラタセイサクくん」や「通天閣ロボ」など
NEWSでみたことあるロボットたちのハイテク技術を
いとも簡単に凌駕する「ニュー潮風」(笑)素敵です!

と大人も子供もおじいさんも最後までたのしくみられる安心エンターティメントで、
予告編で見たシーンがスクリーンに写ると劇場でくすくす笑いがたえませんでした。

とってもゆるくてゆかいな作品で満足しましたが
個人的にもう少しテンポよくすすんでも良かったかなあっていう気がしました。

100点満点で80点。

映画「ロボジー」感想 おじいさんがロボを演じるという設定の面白さを裏切らないゆるくてゆかいなみんなで楽しい映画」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ゲーム天守閣 2012年総括雑談 映画編 | 姫子さんのゲーム天守閣!

コメントを残す