[読書感想]メタルギア ソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット  /伊藤 計劃   60点

メタルギア ソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット (角川文庫)
メタルギア ソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット (角川文庫)
MGS4ノベライズ。ゲームはプレイ済みです。
作者自身がこのゲームの熱心なファンだというだけあり
本当ゲームプレイ時のままシーンが浮かんできます。
オタコンを語り部として ストーリーを語る構成は
非常にしっくりはまっていてゲームでもそうであったかのような
錯覚さえ覚えます。
ゲームの花形ボスキャラだった
ビューティ&ビースト部隊の話はすべてカットされていますが
まぎれもないMGS4のシナリオです。
でも上記の部分がカットされてるのに 語るべきことが多く
決して薄い本ではないのに かけあし気味です。
それだけゲーム中のボリュームがあったのか!と思いました。
MGS4のお話を思い出すという意味でならこの小説はよく出来ています。
でもMGS未経験者でも楽しめるかといえば難しいかな。
とにかく登場人物たちが多く いろんなところでかかわっているので
把握は出来ても「ふーん」で終わってしまいそう。
MGS4のシナリオ自体が今までのMGSで広げた風呂敷を
たたむのに終始した感じで面白みが薄いので(逆にいえばたためただけすごいともいえる)
それをそのままノベライズした今作もまた 同じ感想になってしまいます。
あとがきでの作者のMGSにかける思いや
小島監督の寄稿文での伊藤さんと監督さんとの交流が
非常に興味深く あらためてこの作者の早すぎる死が悔やまれます。
彼が書いたシナリオで 小島監督作品が見てみたかったです。

原作ゲームです。ゲームをプレイするとこのノベライズの忠実さがわかります

メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット PLAYSTATION 3 the Best
メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット PLAYSTATION 3 the Best

コメントを残す