[映画感想]/レック(REC) 90点  ねたばれなし

REC [Blu-ray]
REC [Blu-ray]

あらすじ
ローカルTV局の女性レポーター、アンヘラはカメラマンと
消防隊の密着取材をしていた。
深夜老婆の叫びを聞いたという通報を受けて消防隊とともに
現場のアパートへ向かったのだが…。
私みたホラー映画の中でも最恐です。
ちなみにちょっと前までホステルでした。
ハリウッドではなくスペイン映画です。
ハリウッドリメイクもありますがそちらは評価微妙らしいですよ。
この映画いわゆるP.O.V.映画です。
P.O.V.(Point of View)は主観カメラで撮影された映画でゲームのFPSではおなじみの視点です。
映画だと「ブレアウィッチ」や「クローバーフィールド」が有名ですね。
すごい酔いそうなイメージがありますがこの映画あんまりよいません。
たぶんあんまりカメラ振らないからかな?
最初のドキュメンタリー番組撮影シーンは
すごいお気楽な感じなので
お、これなら怖いのだめな私でも大丈夫じゃん?って
リラックスしてたらアパート後の展開がもう!
これがPOV効果か!
同じPOV映画でも「クローバーフィールド」よりもこっちのほうが断然好きです。
モチーフがすごいあってるんですよね。
現実から 非現実へのつなぎがPOVになったことで
すごい恐怖リアリティ!
アパートのとあるシーンから
私もアパートに閉じ込められちゃいました。
それぐらい没入間が高いです。
物語展開もいつものあれだろ!っておもうんですが先を読めそうで読めないんです。
いや、読めてるんですが 気持ちが混乱してパニック感がすごい。
聞きなれないスペイン語での会話も不安感あおります。
狭いアパートというのもポイントで 構造がすぐわかる分、
主人公たちが逃げる場所のなさっぷりのなさの絶望感がすごい。
なんで、私たちだけがっていうどこにぶつけたらいい気持ちも伝わります。
だってすぐドアの向こうはいつもの平和な町なんだもん。
周りは普通でこのアパートだけが異常っていうのがまたいいんです。
でただ怖がらすだけの映像だけではなくて
このアパートで何が起こっているのか?という興味が
恐怖シーンでも目をそらせないんです。

物語のラストで見るその答えが うわあああああっ!
このセンスは絶対ハリウッドじゃないです。
すごいぞわわーってしました。
で、見終わったあとその恐怖からの開放感でさわやかになれます。
ちなみに続編もあり 評価も高いので怖がりながらまたみてみようかな。
→映画レビューもくじへ
 

↓POV映画は他にこんなのあるよ!
ブレア・ウィッチ・プロジェクト デラックス版 [DVD]クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]ダイアリー・オブ・ザ・デッド [Blu-ray]

ブレア・ウィッチ・プロジェクト
クローバーフィールド/HAKAISHA
ダイアリー・オブ・ザ・デッド

コメントを残す