映画「テッド」感想 子供ピュアなダメおっさんと落ちぶれテディベアのダメ生活コメディ。ドン引きクラスのシモ&ブラック「ネタ」満載なので見に行く人注意!

映画「テッド」感想です。

テッドとは?
命が宿ったテディイベアと中年男とのおかしな日常のコメディ
全米ではR指定ながら興行収入2億ドル以上の大ヒット
主演マーク・ウォールバーグ。
監督・脚本のセス・マクファーレンはテッドの声も担当

あらすじ
友達がいない孤独な少年ジョンはクリスマスプレゼントでもらったテディベア「テディ」と名づけ友達になってほしいと願う。すると翌日「テディ」に魂が宿り、2人は「一生の友達」を約束する。あれから27年、ジョンとテッドは「おじさん」になっても一緒、だがジョンに恋人が出来、テッドから自立することを決意するが…

★子供ピュアなダメおっさんと落ちぶれテディベアのダメ生活コメディ

テディの毒舌っぷりを楽しむ映画かなと思って見に行ったんですが
毒舌というか予想以上にお下品連発なコメディです。

前半は少年「ジョン」のピュアな願いで魂がやどった「テッド」の奇跡と
そんな二人の友情を深めるやり取りにちょっとキュンとしながらも
どんどんスターダムにのし上がる現実的な展開が笑います。
そして「スキャンダル」で堕落しちゃう「テッド」…

どこかで聞いたことある子役スターの末路みたいな感じで
やけにリアルな落ちっぷりがダーク…

堕落した「テッド」はどこでもかまわずドン引きクラスの「ネタ」連発。
コールガールとどんちゃん騒ぎしたり、マリファナ吸ったり
生活も乱れに乱れ、お酒と女とヤクのこれ以上ない落ちっぷりです。

そんな「テッド」に負けないぐらい出てくる登場人物も
とにかく「下品」で「ブラック」

そして「お下品」ネタと同じくらい「80年代アメリカ」の
ポップカルチャーネタも満載

「スターウォーズ」「ナイトライダー」「サタデーナイトフィーバー」…
ここら辺の有名どころはをバッチリ抑えつつ
映画全編で展開され ストーリーにも絡んでくるのが「フラッシュゴードン」ネタ

私はQueenのテーマ曲ぐらいしか知らなかったので
主人公たちがなんで「フラッシュゴードン」に
はしゃいでるのかわかんなかったかなあ(まあなんとなくはわかるんですけど)

ちなみに「フラッシュゴードン」は80年代のアメコミ原作の映画のこと。
期待されていた作品だったけど 内容がいまいちで有名な作品らしい
なおジョージルーカスが映画化を熱望していたけど版権がとられてたため
製作したのが「スターウォーズ」みたいです。

★まとめ

一見するとハートフル・コメディ的な展開になりそうなんだけど
ハートフルなところはおまけ程度で最初から最後までブラックネタ連発!

お下品ギャグが大好物で80年代 特にフラッシュゴードンネタが
わかる人はもっと楽しいかもしれませんけど私はダメでした。
ほどよいシモネタは好きなんだけど、ずーっとそんなのりなので うーん!

100点満点で55点

映画「テッド」感想 子供ピュアなダメおっさんと落ちぶれテディベアのダメ生活コメディ。ドン引きクラスのシモ&ブラック「ネタ」満載なので見に行く人注意!」への3件のフィードバック

  1. ズンドコベロンチョ

    私もこの映画見ました

    個人的に似てるのは、ドラえもんとのび太の関係性だと思いました

    困った時に助けるドラえもんはのび太の成長を妨げると言う例の話です

    ところで
    ドラえもんって、結局どう終わったんですかねw

    ちょっと分かるなーと思った所は
    レジでのお下品トークのやり取りですねw
    調子をこいて度が過ぎる感じ
    分かるような気がしました

    返信
    1. uutan 投稿作成者

      どらえもんとノビタの関係。たしかに 子供のときはいいんだけどどらエモンも大人までいたらきっと……(笑)
      テッドのレジトークはよかったですね。あとテッドのシュウカツシーンも好き!

      返信
  2. ピンバック: 天守閣座談会「ゲーム天守閣 2013年総括雑談 ゲーム編」 | 姫子さんのゲーム天守閣!

コメントを残す