映画「トールマン」感想 先が読めない展開の果てにたどり着く神隠しの真相に深く考えさせる上質サスペンス

映画「トールマン」感想です。

トールマンとは?
「マーターズ」でパスカル・ロジェ監督、「テキサス・チェーンソー」「トータル・リコール」のジェシカ・ビールを主演としたサスペンス・ホラー。

あらすじ
6年前の鉱山閉鎖で寂れた炭鉱町コールド・ロック。この街では次々と子供たちが消えていく連続失踪事件が発生。
住民は目撃情報から誘拐犯を「トールマン」と呼び恐れていた…
ある日、町で暮らす看護師ジュリアは、自宅から何者かに子供を連れ去られる現場に遭遇。子供を追いかけ町はずれのダイナーにたどり着くが…

寂れた町で起こる神隠し事件をテーマにした
あらすじ以上のことは何もかけない系サスペンスです。

主人公ジュリアを治療するシーンから映画は始まり
なぜこうなったのかを時間をさかのぼっていく構成。
攫われた子供を傷だらけになりながらも
必死に追いかけるジュリアの姿に
なるほどこんな「事件」だったのかと思っていると…

その後は「え?」「ええー!」「どゆこと?」展開の連続に先がまったく読めません。
そして意外な形で明かされる「事件の真相」で世界がひっくり返る快感…

それだけでも十分面白いのに
その先にある「なぜ」に見事に答えてくれ、もやもや感一切なしです。

最後に語られる「トールマン」の真実を経て
ある人物がつぶやくセリフが秀逸。

驚きだけではなく見終わったあとに考えさせ
なんともいえない余韻がある映画でした。

100点満点で95点
おすすめ!
サスペンス好きはぜひ見ましょう!

映画「トールマン」感想 先が読めない展開の果てにたどり着く神隠しの真相に深く考えさせる上質サスペンス」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: ゲーム天守閣 2012年総括雑談 映画編 | 姫子さんのゲーム天守閣!

  2. ピンバック: 天守閣座談会「2013年 姫子さんの映画まとめ」 | 姫子さんのゲーム天守閣!

コメントを残す