映画「GODZILLA(ゴジラ)」感想。怪獣ディザスター映画の趣で描かれるゴジラ理解度MAX映画

映画「GODZILLA(2014)」感想です

GODZILLAとは?
ゴジラの再ハリウッドリメイク
監督は「モンスターズ / 地球外生命体 」のギャレス・エドワーズ

あらすじ
1999年、、フィリピンの炭鉱で科学者・芹沢博士は
巨大な生物の化石と「何か」が誕生し
海に這い出たと思われる繭を発見する。
おなじころの日本の原子力発電所で謎の巨大振動が発生するのだが…


みんなが待ってた真のハリウッドゴジラ映画!
だけどゴジラが暴れ、破壊を繰り返す絵を期待すると若干肩透かしをくうかも

それというのもこの映画、怪獣映画でありながら
部分的に怪獣が暴れる姿や破壊した町並みをみせる演出が多く
怪獣を災害のように描いてる怪獣ディザスター映画といった趣なんです

だけどそのゴジラや怪獣愛はもうこれでもかとあふれています

どっしりとしたゴジラのプロポーションや質感
ひとが中にはいってるんじゃないかとおもわせる骨格や動き
監督さんもリアルさではなく
ゴジラな「ロマン」の再現を重視して作ってるみたいで口から光線だって吐いちゃいます

これがとてもよい!監督わかってる!
初代ハリウッドゴジラが突然変異の超巨大生物で
ぶっちゃけ大きいただの恐竜じゃん!ってかんじだったけど
今作ではまさしく怪獣王の貫禄がでまくってます!

あんな巨大な怪獣なのに
いつの間にか音も振動もなく移動してたり
ゴジラそのものの立ち位置がちょっと半端な印象で
ところどころ、ん?って思うことがあるけど
全編ゴジラ愛をこれでもかと演出してくれるので
細かいことはどうでもよくなりました!

そしてちょっといびつになろうとも
ラストショットを人間じゃなくゴジラで締めた監督さんの判断にちょっと感動しました

100点満点で80点

こだわりは最高だったんだけど
序盤ゴジラがでてくるまでひっぱりすぎたのと
演出とはいえもう少しゴジラの戦いをちゃんとみたかかったなあ

だけど製作決定した続編ではこれでもかと怪獣プロレスがみれそうなよかん

コメントを残す