映画「最強のふたり」感想 最強の友情で心がぽかぽかする心の日向ぼっこ映画

映画「最強のふたり」感想です。

最強のふたりとは?
障害をもった富豪とその介護者となった貧困街の青年との交流を描いた
実話を基にした映画。
フランスで2011年の観客動員数ナンバーワンで
東京国際映画祭コンベンションで最優秀賞および主演男優賞、
セザール賞で主演男優賞を受賞した

あらすじ
事故で全身麻痺になってしまった富豪フィリップは新しい介護者を募集していた。
そこに失業手当目当てで応募してきたやる気のないスラム出身のドリス。
申請に必要な「不採用」通知をもらうはずが「採用」になってしまい…

全身麻痺の富豪にスラム出身で働く気なしのドリスとの友情を描いた作品
障害と介護をテーマにしながらも、全編ユーモアにあふれた映画です。

むしろそのユーモアちょっとブラックすぎない?っていうぐらいの
フィリップの障害に配慮一切なしのドリスの発言、行動!
でも、ドリスの行動にいやみがまったくないんですよね。
対するフィリップも大人というか他人事のように
にこにこしながら受け答えするもんだから
デリケートな話題でもくすりと出来ちゃうんです。

介護してる、されてるという感覚がぜんぜんなくて
気のいい友達として一緒にいるかんじ

フィリップの淡い恋に
どかどか入り込んで背中を押し続けるドリス

家族と距離を置いてしまうドリスに
フィリップの優しい決断

友達だからこそ出来る気がつけること、できることを
魅せてくれる心の日向ぼっこ映画でした。

おすすめ!

100点満点で90点

コメントを残す