映画ブラックスワン感想 白と黒のハザマで舞い踊る「ニナ」がみつけた解答の「美しさ」にしびれた傑作

ブラックスワン
ダーレン・アロノフスキー監督 ナタリーポートマン主演
映画ブラックスワン感想です。

これはすごい!今年みた映画で一番面白かった!
アカデミー賞で主演女優賞も納得の演技
そしてその演技をさらに昇華させる演出がすごい光ります
この映画の主人公「ニナ」は人生すべて「バレエ」。そして「彼女」を生んだことで
「バレエ」界を志半ばで引退した「母」の期待にこたえるため 
仕事場と家の往復の「バレエ」「バレエ」「バレエ」の日々
そんなある日 「白鳥の湖」のプリマ(主役)であるスワンクイーンの候補に選ばれる
スワンクイーンは 純真で無垢な「ホワイトスワン」 官能的で邪悪な「ブラックスワン」
相反する2役を踊る必要がある
バレエ以外の世界を知らない「ニナ」には
男を誘惑しながら自由に飛び回る「ブラックスワン」がどうしてもうまく踊ることができない
そんななか 「ブラックスワン」をそのまま体現したようなライバル「リリー」がきになりだし…
といった感じの バレエを舞台にしたスリラー映画です。
考えれば考えるほど「自分」と程遠い「ブラックスワン」
それでも「プリマ」になるために
体が拒否反応起こしているものすべて飲み込もうとしては吐き出していきは
また求めていく「ニナ」…
なんでそこまでって 観客に思わせない迫力がそこにあり
「ニナ」と「母」の関係や 
「芸術監督トマス」の真意  
自分に出来ない「ブラックスワン」をあっさりと表現するライバル「リリー」など
これでもかって「彼女」の精神を蝕んでいきます。
苦悩の果てに「ニナ」が踊る
クライマックスの「ブラックスワン」シーンは鳥肌もの!
白と黒のハザマで舞い踊る白鳥、そしてブラックスワン「ニナ」がたどり着く
彼女がみつけた解答の「美しさ」にしびれます


100点満点で95点です!おすすめ
 →映画レビューもくじへ

映画ブラックスワン感想 白と黒のハザマで舞い踊る「ニナ」がみつけた解答の「美しさ」にしびれた傑作」への2件のフィードバック

  1. ノウスウ

    SECRET: 0
    PASS:
    前売りも買ったのに年齢制限でビビッて見れずにいます。
    あぅ・・告白の時と同じだ・・
    ・°・(ノД`)・°・
    いい加減、年齢制限の根拠を提示するようにして欲しいです。

    返信
  2. ううたん

    SECRET: 0
    PASS:
    >ノウスウさん
    年齢制限は根拠むずかしいですよね
    問題が起きたときの保険だったりするとおもうので 事件が起こるたびに厳しくなり 忘れ去られるとモラル低下してまた過激になりのくりかえしのような気がします。
    ブラックスワンは15Rだったんですね
    たしかに 別の意味でちょっときわどいシーンはあった気がします。
    CMのような ちょっと目を背けるシーンは一瞬で 目をつぶる準備できるから
    大丈夫なのでぜひみにいってください!

    返信

コメントを残す