映画「フランケンウィニー」感想 不気味で病的かわいい世界でいつでも大興奮なフラン犬スパーキー!

映画「フランケンウィニー」感想です。

フランケンウィニーとは?
ティム・バートン監督が84年に製作した、“フランケンシュタイン”をモチーフにした短編ファンタジーアニメを監督自らが長編としてリメイク。
あらすじ
ヴィクターは科学の実験や映画作りが大好きな少年。彼のそばには愛犬スパーキーがいつもそばにいた。だが交通事故でスパーキーが死んでしまう。
悲しみにくれるヴィクターは科学の力でスパーキーを蘇えらそうとするのだが…

モノクロ映画なにに3D映画なティムバートン監督のストップモーションアニメです。
どの登場人物も不気味で病的かわいい世界感はあいかわらず魅力的です!

その中でもスパーキーは特別!
鼻先をひくひくにおいをかぎ いつでも大興奮なしぐさがキュート!
犬好きならわかる!わかる!っていう動きの数々で
蘇っても生きてたとき以上に元気いっぱいにはしゃぎまわります。

スパーキーのかわいさ以上に感じるのが
マッドサイエンティストへの愛と古ききよきモンスターたちへの愛
意外な形で登場するたくさんのモンスターたちが出てくるたびに
わかる人にはわかるコネタがちりばめられています。
そして日本人なら「あ!」って思うあのモンスターも!

だけどモンスターがプッシュされすぎて
後半はスパーキーの存在がちょっと弱くなっちゃたかな。

それでも短編でも印象深かったあるシーンが始まると
少年ヴィクターのスパーキーへのまっすぐな思いに
人にどう思われたっていい!自分が信じれることが「愛」なんだ!
そんなやさしさを感じる映画でした。

100点満点で70点

↓ちなみにリメイク元の短編フランケンウィニーは
ナイトメアビフォークリスマスの特典で見れますよ

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス コレクターズ・エディション(デジタルリマスター版) [Blu-ray]フランケンウィニー スパーキー ボビングヘッド (塗装済み完成品)

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス コレクターズ・エディション

コメントを残す