映画「レ・ミゼラブル」感想 レ・ミゼラブル(哀れな人々)な人たちの愛がスクリーンを越える!お茶の間では不可能ミュージカル映画

映画「レ・ミゼラブル(2012年)」感想です。

レ・ミゼラブルとは?
ヴィクトル・ユゴーの小説を原作としたミュージカルの完全映画化。
監督は「英国王のスピーチ」のトム・フーパー

あらすじ
18世紀のフランス。ジャン・ヴァルジャンはパンを盗んだ罪で19年服役。仮出所するが生活に行き詰まり再び盗みを働くが、その罪を見逃し赦す司祭に出会い改心する。
その後 人々の尊敬を集め工場経営者兼市長になる。あることがきっかけで娼婦ファンテーヌの娘コゼットを託されることになるのだが…。

レ・ミゼラブルのミュージカルは1度見ました。

まず 冒頭の難破船を引く「囚人」たちのシーンがすごい!
迫力あるカメラアングルと力強い歌にあわせて
綱を引くこのシーンで一気にミュージカルの世界へ。
役者さんの演技と歌をさらに効果的に盛り上げてくれる映画ならではの演出です。

もちろん俳優さんもそれに負けずにすばらしい演技、歌を披露してくれます。
主要配役は
ジャンバルジャンジャンに「ヒュー・ジャックマン」
執拗に追うジャベールに「ラッセル・クロウ」
ファンティーヌ「アン・ハサウェイ」

どの方も魅力的に力強く心張り裂けんばかりに歌い上げ
役者さんの真に迫る表情で感情がスクリーンから出てくるようです

あとはテナルディエの夫婦演じる
    テナルディエに「サシャ・バロン・コーエン」
    テナルディエ夫人に「ヘレナ・ボナム=カーター」

いかがわしさ満点で場の雰囲気を一気に変えるコメディリリーフっぷりで
長丁場でも息継ぎが出来る感じです!

と配役は個人的に大満足。

ジャンバルジャンのマジ聖人っぷりに泣くもよし
ファンティーヌのあまりにも悲劇に涙するもよし
エポニーヌの片思いせつねえ系でほほをぬらすもよし
コゼットとマリウスの愛に目頭をあつくするもよし
ジャベールの全てを赦せぬ姿に男泣きするもよし

全てのレ・ミゼラブル(哀れな人々)な人たちに心を震わせてください
それが出来るキャスト 演出になってると思います。

結果で全てが決まるせちがらい世の中だからこそ
苦しみの中で力強く行き 他人を愛する姿を歌い上げる姿に
心が洗われ自分の心の脆弱さで消え去りそうです!

ちょっと気になったのはと歌 歌 歌の連続だったので
場面切り替えとかもう少し余韻がほしいと思ったシーンがあったのと
ミュージカルなので(歌っちゃうので)しょうがないかも知れないけど
場面ごとにメリハリ感が出たらよかったなあ。

といった感じでぜひ音響のいい劇場で見に行ってくださいね
お茶の間では絶対伝えられない感動が待ってますよ。

100点満点で90点

コメントを残す