映画「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」感想 主役はヒットガールなんじゃない?って思うほど彼女のキュートなバイオレンスが堪能できるファンも安心の続編

映画「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」感想です。

キック・アス ジャスティス・フォーエバー とは?
2010年に公開された「キック・アス」の続編
主演:アーロン・テイラー=ジョンソン  クロエ・グレース・モレッツ  

あらすじ
ヒーローを引退して普通の学生生活をすごすキックアスだったが
同じヒーローを志すスターズ・アンド・ストライプス大佐とともに
ヒーロー集団 ジャスティス・フォーエバーを結成しヒーロー活動を復活させる
そのころ、レッドミストは悪党「マザーファッカー」を名乗り
キックアスに復讐するために刺客を集め犯罪チームを結成する…

タイトルはキックアスの名前がついてるけど
今作の主役はヒットガールといってもいいぐらい見所満載

ちょっと大人っぽくなった彼女が
前作以上にキュートに大虐殺!なシーンはもちろん
普通の女の子になろうとがんばるシーンや
アイドルの姿にキュンとしちゃうシーンなどなど見所だくさん!
主役、キックアスなんだけどね(笑)

そんなキックアスは成長して頼りガイが普通にでてきちゃったかんじ
腹筋もムキッってして訓練された動きができるようになっちゃってるし…
前作のダメダメップリが好きだった人はちょっと残念なかんじかも
もちろん弱いし地味さ加減も前作以上だけどね

そして今作はキックアス、ヒットガール以外にも多数のヒーロー登場

前作のビックダディを髣髴とさせる
チームのまとめ役「スターズ・アンド・ストライプス大佐」
ゼロGデバイスな金属バットを振り回す「ドクター・グラヴィティ」
紅1点ビッチな「ナイト・ビッチ」
夫婦ヒーロー「トミーズダッド&マム」
虫の知識で戦うゲイなヒーロー「インセクトマン」
どこかでみたことあるような「バトルガイ」などなど

こんなみんなで大丈夫ですか?な面子でヒーローチームを結成し
まるでコスプレのイベントに参加するかのように
マフィアのアジトに乗り込んではしゃぎながら暴れまわる姿が痛快!です

そして対抗する悪役たちもチーム結成
キックアスへの復讐を誓う「レッドミスト」改め「マザーファッカー」
黒人格闘家「ブラック・デス」
小さき殺し屋「腫瘍(ザ・トゥーマ)」
元中国マフィアの「チンギス・半殺し」
元KGBの女マッチョ「マザーロシア」
どこかでみたことあるような「アス・キッカー」などなど

特に「マザーロシア」の人間の範疇を超えた暴れっぷりがおそロシア!で
ヒットガールと対極をなす強烈キャラがいいね!

と冗談みたいなキャラたちでの
ハチャメチャバイオレンスな展開は相変わらず
へたれ感がうすまったのでキックアス自体の魅力は薄まったけど
それを補ってあまる他のヒーロー&ヴィランたち、そしてヒットガール!

だけど前作以上に「ブラック」な内容で
あまりに凄惨なシーン過ぎて
ええー!そこまでひどいことするのー!ってかんじで
ちょっとやりすぎた感あるかも
まあ、そのノリがキックアスなんだけどね

100点満点中85点

エンドロールにちょっとしたオチがあるので最後まで見よう!

映画「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」感想 主役はヒットガールなんじゃない?って思うほど彼女のキュートなバイオレンスが堪能できるファンも安心の続編」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 姫子さんのエンタメ週報「2/17~2/22 PS4緊急購入&珍コイン、キムカツ、ハーゲンさくら」 | 姫子さんのゲーム天守閣!

コメントを残す