映画「ゼロ・グラビティ」感想  息ができないような緊張シーンの連続で「宇宙」の圧倒的な「深さ」と「静寂」が美しい極上の映画

映画「ゼロ・グラビティ」感想です。

ゼロ・グラビティ とは?
事故で宇宙空間に投げ出されてしまった宇宙飛行士の極限状態を描くSFドラマ
主演:サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー 監督:アルフォンソ・キュアロン

あらすじ
始めてのスペースミッションで船外活動中の医療技師のライアンと
ベテランの宇宙飛行士マットだったが
スペースデプリがシャトルに衝突し宇宙空間に放り出されてしまう

 

3Dでみました

重力がない世界でどんどん地球から遠ざかっていく宇宙飛行士
通信は断絶し 酸素の残量は残り少ない
光も届かない宇宙に永遠に「落ち」つづける…

そんな超絶望な状況から生き残るためにもがく
宇宙での漂流をテーマにしたシチエーションSFサスペンス

主要人物は2人
ほぼ全編宇宙空間
そして3D映像で再現されるどこまでも深い「宇宙」

このシンプルさが「宇宙」の圧倒的な「深さ」と「静寂」が表現されていて
ヒロインの孤独感や絶望感をとてつもなく感じるんです

だけどそのどれもが「美しい」

広大な空間にポツンと浮かぶヒロイン
手に届きそうなところにあるのに
たどり着くことができない地球

あと数分で死が迫る状況に
「生きる!」そのためだけに
覚悟をきめて立ち向かっていくヒロインの行動に胸が熱くなります
そしてラストの「Gravity」の文字…

90分間 まさに息ができないような緊張シーンの連続で
宇宙空間の漂流をヒロインと一緒に「体験」できる極上の映画
これを大スクリーンで見ないでなにを劇場でみるのといったかんじなので
ぜひ!お近くの映画館で見てくださいね!

100点満点で100点!
超おすすめ!

コメントを残す