映画「テルマエ・ロマエ」感想。「古代ローマ人阿部寛」と「計算されたチープな演出」に全編湯アタリする面白さ。おすすめ!

テルマエ・ロマエ Blu-ray通常盤 テルマエ・ロマエ

映画「テルマエ・ロマエ」感想です。原作未読です。

テルマエ・ロマエとは?
ヤマザキマリの漫画「テルマエ・ロマエ」を原作とした実写映画。
原作はマンガ大賞2010、第14回手塚治虫文化賞短編賞を受賞した。
古代ローマ時代の浴場と、現代日本の風呂をテーマとしたコメディ。

あらすじ
古代ローマの浴場設計技師ルシウス(阿部寛)は
まじめすぎる性格で時代の変化についていけず仕事を失ってしまう。
落ち込む彼は、友人に誘われた公衆浴場で突然日本の銭湯にタイムスリップしてしまう

古代ローマ人の浴場設計士が日本の銭湯にタイムスリップするユニークな展開と
その主人公を日本人の「阿部寛」さんが演じるということで話題の映画。

まずはイタリアで撮影された古代ローマのオープンセットの作りこみが
本格的過ぎて日本映画とは思えない古代ローマっぷりの重厚さがすごい。

そんなどっしりとした雰囲気のなか主人公ルシウス演じる「阿部寛」さんは
外国人エキストラの中に混じってもその顔の濃さでまったく違和感なし!

その立ち振る舞いはまさに古代ローマ人そのもの。
そして堂々と「日本語」をしゃべるルシウスこと「阿部寛」(笑

なんと日本人俳優は全て「日本語」でローマ人!
外国人俳優は「吹き替え」対応!というおもいきり良すぎる演出で
外国人エキストラの吹き替えとのギャップがもうすでに面白い!

「阿部寛」以外にも「市村正親」「北村一輝」「宍戸開」等
もう顔が濃ければみんな古代ローマ人なかんじのキャストたちを集めた
そのセンスがすばらしいです。

そして タイムスリップして日本のフロ文化に触れる「阿部寛」
シャンプーハット、風呂桶、ウォシュレットetcetc……
あの顔でまじめに日本のフロ文化に驚き、驚嘆する姿が面白すぎる!

そしてそこで登場する「平たい顔族」のおじいちゃん!
おじいちゃんたちのいい味のぼけたやり取りに
勘違いして驚く「阿部寛」!

基本は外国人からみたここが辺だよ日本文化的なお約束コントなんだけど
ここに「古代ローマ」と「阿部寛」&「おじいちゃん」でかもし出すハーモニーは
奇跡の組み合わせです。

計算されたチープな演出もいちいち面白く
前半はとにかく笑いの出し惜しみ一切なし!
「阿部寛」に湯アタリする面白さ!

後半は物語として着地するためなのか
前半でよかった「ある要素」を飛び越えてしまうのがちょっと残念で
別にそうする必要性を感じなかったなあ。
でも面白いことにかわりはないんですけどね!

100点満点で90点!

映画館で笑いが絶えないいいコメディでした!
おすすめ!

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX) テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス) テルマエ・ロマエ III (ビームコミックス) テルマエ・ロマエ IV (ビームコミックス)

テルマエ・ロマエ I
テルマエ・ロマエ II
テルマエ・ロマエ III
テルマエ・ロマエ IV

コメントを残す