[読書感想]サクリファイス /近藤 史恵  90点

サクリファイス (新潮文庫)
「ただ、あの人を勝たせるために走る。それが、僕のすべてだ。」
この文章にくらっときたら、絶対好みにあいますよ。
日本にはなじみがないが世界的には人気スポーツである自転車ロードレースの物語です。
ミステリーというよりは青春成長小説かな?
このスポーツ、個人競技なのに団体競技のように役割を分担してチームとしての目標を達成するんです。
ようするに「チームがメンバーの誰かを勝たせるために走る」んです。
で各チームには「エース」という選手がいてこの選手をいかに上位にもっていくかを
「アシスト」と呼ばれる選手たちが 時には風よけ 時には相手チームの牽制など
エースのためにけなげにがんばります。
とにかく「エース」を優勝させるための「アシスト」たちがいい!
アシストに徹する新人さんの主人公もいいし、いつかエースになるんだって野望を抱えたアシストなど
とにかくキャラクターがいいです。
西洋のスポーツですが 日本のサムライ精神にもにたものを感じます。
文章も読みやすく 本ひさしぶりに読んでみようかなっていう人にも安心です。
大藪晴彦賞もなっとくの面白さ。きっと「自転車ロードレース」を見たくなっちゃいますよ。
続編もあるのでぜひまた続きよみたいです。

[読書感想]サクリファイス /近藤 史恵  90点」への1件のフィードバック

  1. 鈴木師匠

    SECRET: 0
    PASS:
    http://dop.chibatetsuya.com/iu2ij5u/
    あばばばばば!!なんじゃこりゃ!?
    3日やっただけでオレの安月給を軽く越えちまった!!!!
    てかもう働く意味ねぇし、オレこれで食ってくわ!!うはははははwwww

    返信

コメントを残す