映画「おおかみこどもの雨と雪」感想 

映画「おおかみこどもの雨と雪 」感想です。

おおかみこどもの雨と雪とは?
「時をかける少女」「サマーウォーズ」の細田守監督が立ち上げた
スタジオ地図製作のアニメーション作品

あらすじ
大学生の花はおおかみおとこと出会い2人の「おおかみこども」を生む。
だが 父であるおおかみおとこが死んでしまったことで
都会でこどもを育てることに限界を感じ、田舎に移住することに

おおかみおとこと恋に落ち、2人のおおかみこどもの姉妹を授かった13年間の
母とこどもの成長のお話

とにかく おおかみこどもの雪と雨がかわいい!
全ての出会いが楽しくてしょうがない活発な「雪」ちゃんと
母の背中から恐る恐る世界を覗く「雨」
ひとからおおかみ、おおかみからひとへ
ころころかわる表情にいつまでも見ていても飽きない
かわいさに癒されます。

でもこどもはずっとこどもじゃない
思春期を迎えた「雪」と「雨」に
母としておおかみこどもたちのしあわせを願うとき
人間としてのしあわせ、おおかみとしてのしあわせ
どちらがこの子達のしあわせなのか

そんなことは理解してるはずだけど
「人間」とでしかしか考えられない「花」さんが
こどもたちへ伝える「母」の「言葉」が温かいです。

個人的におおかみおとことの恋っていうファンタジーの一線を越えられないまま
現実世界の問題を見せられてまたファンタジーにいっちゃたかんじで
少しのれないかんじはあったんだけど

ああ、このお話は母が娘に聞かせた母と父、
そしてこどもたち家族との思い出話だから
つらいことでもあんなにも世界が美しくみえるんだなって思いました。

そのあとなんとなくあの家族たちはどうなったかなあ
って思って いつまでもじわんとくる映画です。

100点満点で80点。

↓監督さんみずから小説化

おおかみこどもの雨と雪 (角川文庫) おおかみこどもの雨と雪 (角川文庫)

映画「おおかみこどもの雨と雪」感想 」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ゲーム天守閣 2012年総括雑談 映画編 | 姫子さんのゲーム天守閣!

コメントを残す