PS4「Fallout 4 (フォールアウト4) 」感想 放射能超怖い!圧倒的なボリュームと世界観で懐深いRPG体験


ベセスダ・ソフトワークス開発の核で荒廃した世界を生き抜く人気RPGシリーズ
近作では自由度の高さはそのままに新たにアイテム製造や拠点設備を作成できるクラフト機能が追加。

PS4[Fallout 4 」感想です
過去シリーズは未体験で今作が初です!

★過酷な世界を自由に生きる

このゲームとにかく自由である。
主人公の目的であるメインミッションこそあれど
ゲームが始まり崩壊後の世界にめざめてからはどこに行っても何をしてもよし!

ほとんどが廃墟なので大きな見た目の変化は少ないんだけど
ある場所では生存者の痕跡を感じ、ある場所では異常な放射能値でそこでなにが起こったのかを想像し
そしてまたある場所では機械たちが決してかえってくることのない主人を待っていたりと
特別な物語がなくてもその場所にある雰囲気だけでドラマがあります。

プレイスタイルの幅も広い。
素材を集めて自分で武器、防具を強化するクラフトプレイがスタンダードだけど
貴重なジャンク品や素材を撃ってお金に換えお店で武器を買うもよし、
町中の人間に追いかけられるの覚悟で盗みに励むのもよし
最強なパワーアーマーを愛でるもよし
カリスマを強化して交渉を有利に進め戦わずして問題を解決できる「話せばわかるスタイル」や
運にパラメータを割けばなぞの助っ人が出てきて倒してくれたりする「他力本願プレイ」なんかもできちゃったりと懐が深いRPG体験ができちゃいます。

フォールアウト4

★放射能超こわい!

フォールアウトの世界は核戦争後が舞台。
そのためあらゆる地域が放射能に汚染されています。
ゲーム的には放射能が蓄積するとその分最大HPが下がるという仕様。
普通に冒険するだけならそこまで気にすることもないバランスなんだけど
放射能に汚染されるということ自体が精神的にくるんです。

見た目は何の変哲もない荒野なのにジジ…ジ……とガイガーカウンターの反応
当たり前のように闊歩する明らかに奇形の双頭の牛
見つけたわずかな水や食料そのどれもが汚染
突然放射能値が上がりあたりを見回すと
黄色の色をした放射性物質のドラム缶が横倒しに放置されて土壌を今も汚している姿を見たりと
過酷さがこれでもかと表現されているんです。

ともう、生きるのたいへん感半端ないですが
食材に火を通すと放射能がスカッと抜けたり、お医者さんに相談すればわりと簡単に汚染から回復したりと
リアルなだけでなくちょっとしたユーモア感じる設定もあったり……
fallout4

★戦闘はFPS風コマンドバトル

このゲームの戦闘システムは
いわゆる一般的なFPS(TPS)のように自分で狙って攻撃するアクション的なものと
APを消費して敵や部位を選択して攻撃する
いわゆるコマンドバトルのような戦い方ができる「V.A.T.S.」の2つ。

基本は「V.A.T.S.」で敵を索敵しつつAPがある限り攻撃し
AP回復の間は通常攻撃でしのぐといった感じです。

「V.A.T.S.」のおかげでFPS苦手目なひとでも足にダメージを与えて動けなくしたり腕を攻撃して武器を落とさせたり、一瞬で敵全員をヘッドショットで始末するなんて憧れのFPSスーパープレイが味わえるのがうれしい!のです。

ただ、中盤以降どこを攻撃してもダメージの蓄積量があんまり変わらない印象で
結局命中率が高い部位を狙いがちになったりして本来の部位攻撃の意味は薄いことも多かったりするけど
なんちゃってFPS戦闘だからいいのです!
fall_out4_06

★ジャンク集めが楽しい!

ジャンクとはそのままだとガラクタだけど分解することで素材が得られるアイテムのこと。
このゲーム武器や防具はもちろん 拠点拡張にも必須。
とにかくジャンク品のバリエーションがものすごい。
新しいジャンク品が手に入るたびになんだかうれしくなっちゃいます。

そんな無数にあるジャンク品ですが
拠点にあるワークショップに入れるだけで必要な時に素材化して使ってくれる便利仕様なためわずらわしさ一切なし。

そしてジャンク品のバリエーションは多いけどそこから得られる素材の種類はユーザーが把握しやすい程よい数に収まっているのも好印象。
素材数が絞られているので何が足りないのか どうすれば得られるのかがわかりやすいのです。

物があればかたっぱしに回収し敵をやっつけたら文字通り身ぐるみ全部はいでいく。
そして重量制限いっぱいになったら拠点に戻ってジャンク品をしまう
その繰り返しがたまらないのです!

★きになること

・セーブのタイミングによってははまることがある
戦闘中にセーブしたりするとロード時なぜか敵のほうが数秒早く動くので
何もできずにやられてしまいはまりに近くなることがある。
これで何度か復帰不能になりかけました。
回避法としてはロード中にボタン連打して即 Pip-Boyを起動して時間を止めること。

・敵の種類が少ない
どうしても同じような見た目の敵と戦うことが多くちょっと飽きる。
行ける場所が多いだけに敵の種類が少ないのが気になる。
「伝説級」のクリーチャーとかは差別化できてもよかったかも

・直訳翻訳が多い
日本語吹き替えなのはすばらしいんだけど
ちょっと翻訳が直訳すぎて違和感あることも……。
せめてメインミッションの翻訳の質はたかめてほしかったなあ。

・クラフト系がわかりにくい
素材ってどうやって分解するの?
改造したときに手に入るmodってどうすればつけかえられるの?
電気の配線どうするの?とか住人への命令ってどうやるの?そしてどこで把握するの?
とかわからない&使いにくところが多かった印象
せっかくの売りなのになあ……
本編と切り離して遊びたいひとだけ遊べばOKな設計だからよいけどちょっともったいない

★まとめ

遊べるボリュームはほんとに半端ない。
ミッションだけでも全部遊びきれないほどあるのに
ミッションと関係ないロケーションがこれまた無数にあるし!
確かにこのゲームを遊ぶために長期休みにはいる海外ゲーマーさんの気持ちもわかります。

とはいえメインストーリーに必須なミッションは限られているので
時間がない人でもクリアまでちゃんと遊べますよ!

100点満点で95点!

クラフトの部分がわかりにくい&使いにくところが多いのと
翻訳がちょっとそれ直訳すぎるだろっていう個所がちょっと気になるけど
それを上回る圧倒的な世界観といろいろ考えさせる質の高いミッションストーリーが素敵でした。

あと個人的にツボったのはLCKのスキル「 Mysterious Stranger」をゲットすると助けに来てくれる
謎の人。この人がいなかったら私クリアできなかったよ(笑

以下謎の人スナップショット集。この方はいったい誰なのだろう(笑

faiiout_07 fallout_10 fallout_09 fallout_08

コメントを残す