PS4「ドラゴンクエストヒーローズ」感想 ドラクエらしさがいっぱい!なタワーディフェンス風味の無双アクションゲーム

PS4[ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城 」感想です

コーエーテクモゲームスω-Force開発の無双風アクションRPG
PS4[ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城 」感想です

★ドラクエらしさがいっぱい!な無双ゲーム

ドラクエの世界感で無双アクション!なコンセプトのいわゆるキャラゲー
キャラクターはドラクエ4 5 6 8からアリーナ、クリフト、テリー、ビアンカ、フローラなど合計13人
モンスターもスライムから キメラ キラーマシン ギガンテスなどメジャーどころは抑え
スライムが集まればキングスライムになり
はぐれメタルに攻撃全然あたらずすぐ逃げられちゃうおなじみ演出もばっちり!

歴代のBGMをオーケストラオリジナルほぼそのままで流れ
レベルアップのファンファーレはもちろん、呪文を唱えるSEやミスの効果音!
キャラの名前入力に1時間なやみ
全滅すると死んでしまうとは情けないと叱咤され
ちょっとしたイベント中でのテキストで「おどろきとまどっている!」なんて表示

普通のゲームだとボイスがないイベントはちょっとがっかりするけど
ドラクエの場合はむしろあの文字送りのSEのほうがドラクエらしくかんじて逆にうれしいのが不思議です

★無双系アクションにタワーディフェンス風味

基本ルールは大量に出現する敵の全滅を目指すいわゆる無双系アクション
操作感は良好でばっさばっさと切り崩す戦いは気持ちよい。

多くの場合防衛ポイントがありそれを守りきることが勝利条件。
そのため一度に複数方向から進撃するモンスターをしのぐため
仲間モンスターを使って侵攻をせき止め隙を作る、いわゆるタワーディフェンス風のゲーム性がウリ

なんて書くとわりとむつかしそうな印象ですが
敵がくると勝手に攻撃してくれるわりとお気楽システムです。

でも配置が楽だから適当でいいかというとそうでもなく
いかに効果的に敵の進軍を止められるモンスターを配置しその間にしモンスター召喚ポイントをどれだけ撃破し、防衛ラインにいつもどるのか?なんてシビアなミッションもあったりして歯ごたえは結構あるんです!

大量の軍勢に対して「スライム」1匹の無力さ、死んでもなお頑張ってくれる「腐った死体」、「ゴーレム」の頼りがいのある背中、それを一瞬にがれきにしてしまう「まおうの使い」の恐ろしさ!

モンスターが仲間以上に重要で気になる存在なんです

★アクションはシンプル

アクションは□ボタンと△ボタンの組み合わせでの基本攻撃と回避とガード
MPを消費して使うの各キャラ固有の4つの特技と呪文
コンボをつなげてテンションをためて必殺技を放つことができるハイテンションモード
といったかんじ

基本は□と△を適当に押していれば問題なくサクサク進み
時折あらわれる強敵を撃退するために
ここぞとためたテンションを解放&必殺技で撃退!なかんじで戦うのが基本

アクションはシンプルなので

キャラごとに明確な特徴づけがされてて
 ・テリー→ハヤブサ切りの分身による手数重視の戦い
 ・ビアンカ→弓での遠距離な戦い
 ・ヤンガス→ため攻撃主体
とキャラを変えると戦い方が結構かわるのでまんべんなくキャラで遊びたくなりますよ

パーティ切り替えは手動で特技や呪文を使うときやテンションをパーティで高めに維持するため、
状態異常で行動不能になったときに適度に切り替えてみるとよいかんじです

ハイテンション状態がかなり強めに設定されているので
テンションを常に全員高めになるようにするのがコツです!

★きになること

・コントローラーからのボイス再生
PS4版だとデフォルトでコントローラーからボイス再生
デフォルトの設定だと再生音がかなり大きめで
どうやったら音を小さくするのか分かりにくかったので
できればソフト側のオプションでボリューム設定がほしかった

・ダッシュ移動がほしかった
移動する範囲が広いわりに、歩く以外の手段がないのがちょっと
そのために「ルーラ」があるのはわかるけど、それじゃないんだよなあ

・買い物が面倒
ストーリーが進むと自動的にラインナップが増えていくんだけど、
そのアップデートがかなり雑であまり印象よくない。
せっかく装備を整えたと思ったら
ちょっと進めるとすぐ新しい装備が手に入るのでうーん。

キャラが増えていくたびに買い物自体も面倒になり
レガシーなUI(でもそれがドラクエらしさ!」)も相まって
買うこと自体があまり楽しめませんでした

・モンスターのバリエーションが少ない
中盤以降ボスだったモンスターも門番 そして雑魚へと格下げ
それはまあいいんですが終盤はほぼ見たモンスターの亜種ばかりで明らかにモンスターの種類が足りない印象。

・成長システムに面白味が少ない
スキルポイントを割り振るシンプルな仕組みは自由度はあるけど、ちょっと工夫がなさすぎ
内容もパラメータアップ系が多く、アクションゲームで期待する
アクションの派生が増えるものが少ないのがちょっとさびしい

・テンションアップ時のごほうび感がない
ゲーム内でテンションアップのミッションを促されるけど
見た面の変化がまったくなくなにがどれだけ強くなったのかいまいちわからない
ここは見せ場なので工夫がほしかったです

・戦闘中大人締めなパーティキャラ
一緒に戦ってるのか不安になるほど存在感がちょっと薄い
プレイヤーの活躍を阻害しないためだとおもうけど
せめて もっとボイスの掛け合いとかしてほしいなあ

・キャラ切り替えでキャラを見失う
キャラ切り替えで連携!なんて公式ページに書いてあるけど
実際には切り替えた時点でどこにそのキャラがいるのでなかなかそんなことできない&
そもそもどこにいるのか把握するのに時間がかかることも。
まあ、そこまで正確な操作は必要ないんだけど……

★まとめ

ゲームはさすが無双系アクション安定の爽快感!でも
アクションやモンスターのバリエーションが少な目で
キャラがそろった中盤以降ちょっとアクション的に物足りない印象。
あとRPGと言ってる割には成長要素がおざなり気味でこれはやっぱり無双アクションゲームの亜流だなと思っちゃう。
ゲームのリソース的にもタイトルのわりに内容はすこし小粒なかんじ。(イベントシーンは豪華だけど)
でもその小粒さもドラクエのキャラゲームとしてみると世界観や物語の雰囲気、そしてキャラクターたちがいきいき愛らしさがあったり等粒がそろって魅力的!

なによりキャラに声を当てた声優さんがすごいマッチしててよいです。
特に主役の2人を演じた松坂桃李くんと桐谷美玲さん!
俳優さんだけど他の声優さん以上にキャラにはまっていてとっても良かったです!

100点満点で80点!
すでに2の開発も決まってるので
いろいろチューニングされてよくなってることを期待してますね!

コメントを残す