[ゲーム感想]100万トンのバラバラ/PSP SCE 50点

100万トンのバラバラ
100万トンのバラバラ

このゲーム「勇なま」とおなじ開発体制で
アクワイアとプレイステーション・キャンプのタッグです。

その世界やレトロゲーム感がおなじなので
そのファンが期待して買う人が多いでしょうね。

もちろん私もその一人
遊んでいる感覚はクイックスに近いです。
ルールは空中戦艦をクイックスのように線で区切って
ある一定以下まで小さくすればクリアです。

なるべく大きな面積を落としたいのでついよくばっちゃうと
ミスしちゃう感じまで同じです。
ただ、雰囲気はすごいセンスあるんですが
肝心のゲーム練りこみ不足かなあと思います。

ゲームにするために「ルール」や「アイテム」を追加されたようなそんな感じなんです。
そのため終始やらされている感があります。
たとえば 住民を助けて 住民票を埋める遊び。
住民全員生還じゃないとクリアじゃないような
つくりなんですよね。

なので「住民票」を埋めなくてはいけないという感じになって
作業感がでてしまい助けられなかった
リスト「墓場」も特に意味がなくなってしまいます。

使うと住民票にのらない爆弾の仕様も 同じで 結局使わない。
まあ 住民票自体あまり面白い感じではなかったんですけどね(笑)
独特のグラフィックとBGMは一見の価値ありです。

特にゲーム中にきける「100万トンのバラバラの歌」が
すごくよい!サントラほしいよー
なので本当にゲーム部分がもう少しがんばって欲しかったです。

音楽よい! おもわずくちづさんじゃう!

100万トンのバラバラ オリジナル・サウンドトラック
100万トンのバラバラ オリジナル・サウンドトラック

コメントを残す