[読書感想]密室(ひめむろ)の如き籠るもの 70点 密室で狐狗狸(こっくり)さん殺人事件

密室の如き籠るもの (講談社ノベルス)
密室の如き籠るもの
三津田信三さん「密室(ひめむろ)の如き籠るもの」感想です。
短編3篇 中篇1篇 の刀城言耶シリーズの中短篇集。
短編
 「首切(くびきり)の如き裂くもの」
 「迷家(まよいが)の如き動くもの」
 「隙魔の如き覗くもの」
中篇
 「密室(ひめむろ)の如き籠るもの」
の4編で構成されています。
短編の3作は 怪異あふれる雰囲気はいつもどおりですが
文章量のすくなさもあって 長編ほどの濃厚さはありません。
ねたよりも過去作品とのつながりのほうが観てて面白かったです。
1作品としてみると 
今回の目玉はやっぱり表題どおり「密室の如き籠るもの」
中篇とはいえ そのまま1冊でもおかしくない分量あります。
いつもきてれつな儀式が楽しみなシリーズですが
今回の儀式は狐狗狸(こっくり)さん

ちょっと庶民的な(?)儀式でいつもの感じ出るのかなとおもってたけど
そんな心配無用でした。
あい変わらず妖しい雰囲気描写がすばらしい。
世界の狐狗狸さん話とかのウンチクも面白いね。
で密室で殺人事件が起きるんですが
一見 手品の種に感じそうなネタを 怪異におしこめる筆力はさすがです。
シリーズならではの ホラー要素で説得力を持たせるっていう一見矛盾した
展開は今作も健在です。
おなじみ刀城言耶さんの推理しては捨てていく構成もたっぷりあるし
どんでん返しも決まってるしね。

でも、やっぱり長編が観たくなってしまうのです。

コメントを残す