映画「ジャッジ!」感想 妻夫木くんがおたおたする姿を楽しむ映画!

映画「ジャッジ!」感想です。

ジャッジ! とは?
ソフトバンク「ホワイト家族」をはじめとした多数のCMにかかわった澤本嘉光の脚本&
監督はCMディレクター出身の永井聡で広告業界を舞台にしたコメディ映画
主演:妻夫木聡、北川景子 監督:永井聡

あらすじ
落ちこぼれ広告マン太田。
世界一のCMをきめる広告祭の審査員の代役を押し付けられ
どうみても駄作なCMをグランプリ獲得を目指すはめに…

とにかくこの映画は妻夫木くんがおたおたする姿を楽しむ映画です
そしておたおたさせるキャラたちがいいんです!

「無茶をチャンス」と読むと言い放ち無茶を押し付ける上司のトヨエツ
広告祭で使える英語を教えてっていってるのに執拗に「ペン回し」を練習させる
リリーフランキー演じる窓際社員
いっつも競馬ばっかりやってるのに評価されてる
超強気ヒロインの北川さん演じる「できる」ほうの大田さん

強烈個性に囲まれてどこにいっても振り回される妻夫木くん
序盤は彼らとのやり取りで笑わせてくれます

なら問題ばかりでドタバタ必死の広告祭はさぞおもしろさかろうとおもったのですが…うーん

構成で笑わせるというより一発ギャグ的な
一歩間違えばしらけるぎりぎりを攻めてきて
面白さの半分は妻夫木くんの演技で持ってる感じ

で、私はというとそのぎりぎりラインを超えちゃってて
後半は面白さを強要されているような気がしていまいち乗れなかったなあ

あと気になったのは北川さん演じるヒロイン
強烈なキャラ設定をしてるのにあんまり生かせてないかんじ
あと主人公に転機を与えるきっかけをつくる役回りなのに
その行動に説得力がまったくないんですよね

ああいう性格のひとなんだ!っていいわれればそうですけど
なぜ ああするにいたったかがいまいちピンとこないんですよね

と、後半はいまいちなかんじでしたが
主人公の純朴さがずかーんと表現された
最後の演説シーンにちょっとうるっとした!

言葉はなんでもいい
なにが伝わるかが大事なんだっていう
テーマのCMにバッチリ!

といったかんじでがっつり笑いを求めて見に行くよりも
夢と現実のギャップに疲れた人が
妻夫木くんの人の良さとまっすぐさに心癒されにいくそんな映画です

最後にこの映画を「ジャッジ!」すると
100点満点で70点ぐらいかなあ

笑いにいきたいのかいい話にいきたいのか少し中途半端な印象でした

ちなみに劇中のあるCMの出来が異常に出来がよくって
これ映画のためにつくったの?っておもったらなんとすでに賞とってるCMでした
だよねー

コメントを残す