キネクトとミクミクダンス(MikuMikuDance)でお手軽モーションキャプチャー!感想

Xbox 360 Kinect センサー
Xbox 360 Kinect センサー
今話題のキネクトでミクミクダンスを使ったモーションキャプチャーを見てきたので
その感想。
モーションキャプチャーとは
現実の人物や物体の動きをデジタル的に記録する技術です
人が動いたそのままの動きをアニメーションとして保存するので
すごく自然なモーションが簡単にゲームで再現できます。
光学式 機械式 磁気式等 キャプチャーの仕方はいろいろあります。
元はCGアニメーションの技術で
ゲームではイベントシーン等で使われていたり
最近のリアル志向ゲームの場合はゲーム中のアクションのモーションの素材に使ったりしてます。
で、このモーションキャプチャー大変便利なんですがお金がかかるんです。
モーションキャプチャースタジオを借りるのはもちろん オペレーターさんや
データのノイズを取る人等 時間もお金もかかり お気楽にキャプチャー!っていう感じにいかないのが現実です。
キネクトが発表されて以来
キャプチャー キネクトでやっちゃおうよう!っていう話を業界のお仲間にあうたびに話に出るんですよね。
基本の技術はモーキャプなので十分使えるんじゃないかとおもってたら
ついにキネクトを使って「ミクミクダンス(MikuMikuDance)」でモーションキャプチャーできてました。
ミクミクダンスは私知らなかったんだけど 
初音ミク等 プリセットされたキャラクターのアニメーションを作成する3DCGソフトウェアだそうです
その初音ミクの動きデータをキネクトでリアルタイムでキャプチャーできるお姿が拝見できるらしい。
で、こんなに面白いお話があれば思わずやっちゃうのが「ゲーム業界人」
お友達のうちに遊びに行ったら ありましたよキネクト 早速ミクミクダンスインストールして
お試ししたのだ。
で感想
認識するまでちょっと時間がかかるのと 認識ミスがちょっとあるけど
一回認識すると リアルタイムでミクさんが動く動く。
とにかく体動かすと 画面のキャラが反応するのが楽しい!
そのまま使うには 精度が足りないかも知れないけど
加工前提でのデータとしては十分実用的と感じたよ
詳しいひとに聞いたらどうやら 類似のキネクトモーションキャプチャーは
海外でも作ってたみたいでそちらのほうが精度がいいということらしい
必要なものがPCとキネクト それにミクミクダンス(フリーソフト)だけでできる手軽さがいいね
データコンバートして 3Dソフトに読み込めるデータにするのもそんなに難しそうじゃないし
場所をとらないし 認識するための変なスーツやピンポンだま等つけなくていいのがいいね
今後 もっとたくさんのキネクトモーキャプツールが公開されそうで楽しみ
個人で製作している「同人ゲーム」開発 このキネクトモーションキャプチャーかなりいけてるんじゃないかな
モーションキャプチャーはうまく使えば 安定したクオリティを効率よく作成できるので
予算極小ライン等 キャプチャーとりたくても予算的に厳しいゲームとか
一気にクオリティがあがりそうな予感がします。
ネタだと思わず 業界人のみなさまや個人でCGムービーや同人ゲーム製作者のみなさま
お試ししてみることをお勧めしますよ。
今後がすごく楽しみなキネクトさんなのでした
キネクト記事
 →キネクト初体験感想 ダンスエボリューション&キネクトアドベンチャー

もくじ
 →ゲーム業界のはなし 掘り出しもくじページ。

キネクトとミクミクダンス(MikuMikuDance)でお手軽モーションキャプチャー!感想」への2件のフィードバック

  1. タピオカ

    SECRET: 0
    PASS:
    モーションキャプチャーといえば
    鬼武者1のメイキングDVDが強烈に
    印象に残っています。
    最初に金城武の顔の型をとりその後は
    顔全体にキャプチャーボール?を
    たくさん貼り付けるという。
    当時は衝撃の映像でした。

    返信
  2. ううたん

    SECRET: 0
    PASS:
    >タピオカさん
    金城さんゲーム好きだと聞くけど 今は何であそんでるんだろうなあ
    そうそう ゲームのスタッフロールのキャプチャーアクターさん 結構いろんなゲームに出演してたりしておもしろいですよ 

    返信

コメントを残す