PS3「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド(P4U2)」感想。主にペルソナファンとしてのストーリーモード感想です

ペルソナ3、4で格闘ゲーム
PS3「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド 」感想
買ったのは前作のストーリーつきのプレミアム・ニューカマーパッケージバージョンで
格闘部分よりもストーリー部分の感想です

★P4U編 ストーリー感想

各キャラごとの視点からひとつの事件を描くというスタイル
いろんなキャラを主人公として遊べるのはいいけど
この設定では面白くならない(できない)キャラはどうにも微妙
設定はいいんだけどね

もともとプレイヤーだった主人公くんや
コミカル系の花村くんとか完二くんとかはお決まりの展開が楽しいんだけど
それ以外がちょっと退屈な展開

あとどのキャラも導入は違うんだけど展開がほぼおんなじで
同じ物語をキャラ分やんないといけないのも
途中からかなりうんざりなかんじ

新キャララビリスにまつわるお話はいいかんじだけに
無理にキャラごとにシナリオ用意してボリューム水増ししないでほしかったなあ

P4U2編 ストーリー感想

P4Uの反省からか
P3、P4サイド視点の2つの視点で物語を追うスタイルに変更され
重複シーンが少なくなったのは○ テンポもよくなった

そしてP3サイドはあのときからちょっぴり大人になった
キャラたちの日常風景が見れるのがうれしい

U1がP4の世界設定での話だったのを
U2ではP3の世界背景で事件が起こるようにしたのはなるほどーって思った

ただ、「格闘大会」っていう設定に意味があるのか
わからない話になってたので
この設定がずーっとあるのに違和感あった
クマ総統とか特に意味なかったし…

あとU2で追加された皆月さんがいまいちなじめなかった
今回のストーリーを展開させるために必要とはいえ
キャラ設定も性格も言動もすごい軽いかんじで正直微妙だったなあ

物語はちゃんと完結したのはいいけど
特に驚きとかもなく黒幕はなんだか唐突でふーんってかんじだったしなあ

★足立編 ストーリー感想

U2の事件を足立さん視点で楽しむシナリオ

P4後の足立さんを彼の主観でみれるのがよいし
今回の黒幕に対する足立さんの「経験」を踏まえた
言動も意味深でよいです!

★サウンドノベルと格闘ゲーム部分のバランスがうーん

ストーリーモードは本当にボリュームある
特に今作から始めるひとは
全部やろうと思うとこれだけでゲーム1本分ぐらいやれる

でもサウンドノベルを読んで1分で終わる格闘ゲームの
繰り返しなので一体なにを遊んでるんだろうかって気持ちになった。

せっかくドットキャラの再現度が高いのになあ

すごく力が入っているのはわかっているけど
これだとどっちがメインかよくわからないしそもそもプレイバランスがあまりよくない
アーケードモードクリアの特典で
サウンドノベル部分が閲覧できるとかのほうが
バランスよく遊べた気がする

★初心者として格闘部分の感想

操作は簡単!
だけどいろんなことに対応するためには覚えること多くて
理解して遊ぶのにかなり時間がかかる印象

チュートリアルもええー!まだまだ覚えることあるの?
ってかんじでかなり戸惑った。

どのボタンの組み合わせがなんだったかピンとこないので結局ガチャプレイ
格闘ゲームは練習あるのみだー!っていうのはわかるんですけどね

★まとめ

ペルソナのキャラを使った本格格闘ゲームで
ストーリーもオリジナルスタッフがかかわってる力の入れようで期待しましたが
家庭用オリジナル部分の格闘ゲームとサウンドノベルパートの相性はあまりよくない

結局ストーリーモードクリアして途中であきてしまったので
アーケード等、格闘部分はあまり遊べなかった

せっかくペルソナブランドで普段格闘ゲームたしなまないユーザーも遊びそうなのに
ストーリー主体でやってるとまるで格闘ゲーム本編で遊べないかんじになってるのが気になる
もっと格闘ゲーム部分主体で遊べるゲームとしてバランスをとったほうがよい気がしました

100点満点で60点

コメントを残す