PS3「The Last of Us」初めて感想。

The Last of Us (ラスト・オブ・アス) The Last of Us (ラスト・オブ・アス)

PS3「The Last of Us」初めて感想。
2時間ほどプレイしての感想です。
The Last of Usとは「アンチャーテッド」シリーズで有名なノーティドックさん開発の
アクションアドベンチャーです。

ゲームの基本は「映画的」に「ゲームする」
「アンチャーテッド」シリーズのソウルをそのまま引き継いでます。

相変わらず映像で見せるところと操作させて見せるところの
バランスがよくて プレーする「映画」感はさすがノーティドックさん

違うところはこのゲーム
実は「18歳以上推奨ゲーム」
なんと!18歳以上じゃないと推奨しないゲームなのです。

だけどいわゆる残酷描写全開といったかんじではなく
「命の価値」が低い「世界」で生き残ることの過酷さを表現してるかんじで
「チュートリアル」の1シーンにも貪欲に表現しようとする姿勢がすばらしく
たしかにこれは大人ゲームだなあって思います。

ゲームシステム的には「聞き耳」システムが特徴的かな

聞き耳とは
ゲーム中「R2」ボタンを押すことで障害物に隠れている敵の状況が
シルエットでわかるというもの。

「状況」の把握にアクション的な「テクニック」がいらないので
私みたいなヘタッピプレイヤーでも
「ステルス(敵から隠れながら進める)」の緊張感を物語に没頭したまま
楽しめるのがいいです!

今回アンチャーテッドのように時間で体力は回復しないので
強引に進めては生き残れないサバイバル感がいい感じです。

とプレイしてまだ2時間ほどですがいった感じで進めるのがもったいないぐらいの世界の作りこみに惚れ惚れした「The Last of Us」でした。

基本はアクションよりも体感するストーリー重視の展開で
私みたいなアンチャーテッドだいすきっこはマストバイですよ!

コメントを残す