真かまいたちの夜 11人目の訪問者(サスペクト) 感想 「初心」に戻ったのは「ペンション」だけでどれもシリーズの面白さに欠けている。

真かまいたちの夜 11人目の訪問者(サスペクト) (特典なし)
真かまいたちの夜 11人目の訪問者(サスペクト)

真かまいたちの夜クリアしました。
その感想。

結論から言うと「初心」に戻ったのは「ペンション」だけで
内容が薄く、シリーズ中一番満足度が低かったです。

シナリオの薄さ

かまいたちに期待してるものってまずは「ミステリ」部分で
それがあっての「サブ」シナリオだとおもうんですが
今回の「ミステリ」部分はちょっとこじんまりしてて
これだけで満足できる内容ではない。

なので「サブ」に期待するしかないんですが
で、その「サブ」もなんかこう
「サブ」だからこうれでいいよね!っていう感じで。
せっかくいろんなキャラいるのにあまりうまく広がっていかないし…。
「妖怪編」のクオリティの高さだけはが際立つ感じであとはうーん、あるだけってかんじ。

あと全体的に「コミカル路線」が多くて
シリアス路線がほとんどないためどれもおんなじテイストで幅が狭い。
「ホラー」や「サスペンス」感じるシリアス路線のシナリオもほしかったです。

グラフィック

リアルタイムになったのはいいんですがそのグラフィックが
あんまり演出にいかされているとはいえず
そもそも「リアルタイム」でなにかする部分もないので
「2」以降のムービーで十分だしそっちのほうがクオリティ高い。
これなら実写加工のほうがいいかなあ。

結局どきっとしたのは「実写」加工部分だったし。

意味がない「特殊選択」と推理システム

前の選択が選べなくなる「1WAY選択股」
タイマーが0になると選択股が変わる「CHANGE選択股」
タイマーが0になると選択股が書き換わる「SECRET選択股」

これらの特殊選択がどれもこれも「意味」があまりないんですよね。
あまり使われている部分も少ないし。

2つのキーワードを組み合わせて選択股を見つける「推理システム」も
結局いくつ選択股があるのか表示されているし
「キーワード」も過去の選択の結果で変わるわけではないのでただの作業かな。

「みんなでかまいたち」

100人で遊べる「オンラインマルチプレイモード」が話題の「みんなでかまいたち」

ゲーム的には他のユーザーさかヒントカードを盗み見したり奪ったりしながら
「犯人」「凶器」「犯行場所」を推理してそれを当てるというもの。
かかったターン数とかで得られるポイントが変わり、そのポイントでアバターのアクセサリを購入したりして楽しむ「ソーシャル」風のゲーム、。

ソーシャルゲーム的なシステムは面白いけど
ルームに入るタイミングによっては開始するまで時間がかかりすぎる。
わたしのときは24時間待ちました。(涙
次のゲーム始めるたびにこの待ち時間が発生するので
これってなんとかなんないのかなあ。

自分の行動が物語っぽく残るログはちょっとおもしろい試みかなとおもったけど
これを見て楽しめといわれてもなあ。

まあ、無理にやらなくていいと思う出来でおまけです。

まとめ

「かまいたちの夜3」で持ち直したかなと思ったこのシリーズですが
今作でまた一気に株を下げたなあという印象です。

100点満点で50点!
と途中まで思ったけど「妖怪編」のクオリティの高さで+5点
の55点。

以下各シナリオの感想です。
面白かった順!

<妖怪編>
今作はこれが一番。
「フルボイス」でのこきみいい合いの手が気持ちよい。
他のシナリオでは「空気」だったキャラ全てに「光」が当たってて
それが素直に面白い。
ちょっとした「悪ふざけ」があるけど
これぐらいの気持ちを他のシナリオでも見せてほしかったなあ。
とても大笑いできました!満足!

<ミステリー編>
狙いは悪くないし 「1」を彷彿とされる展開はいいんだけど
肝心の「事件」がちょっと地味で魅力がないんだよね。

あと「座敷わらし」をモチーフにするのはいいけど
あんまり怖くないんだよね。おどろおどろしさがない。
そして「ヒント」があからさますぎるかな。

<鎌鼬の夜編>
本編のシナリオにもこの派手さほしかったなあ。
ミステリとしての「驚き」は弱いけど
やっぱりこういう読者への挑戦ものってちょっと燃えますね!

<死神編>
不条理もの。
なんかこのネタどこかで見た気がするんだよね。
オチが想像できちゃうかんじでうーん。

<ビンゴ編>
不条理もの。
「ビンゴー!」の掛け声SEだけ面白かったかな。

<スパイ編>
うーん。
即死選択が多いだけで面白みが少ない。
エンドを量産するだけに用意されたシナリオなかんじ。
こういうのやるならもっと複雑なフラグ立てを期待したんだけどなあ。

<異次元少女 ポポリン編>
特別ポポリンに興味引かれるような「展開」が本編にも「サブ」にもなかったので
微妙かな。

真かまいたちの夜 11人目の訪問者(サスペクト) 感想 「初心」に戻ったのは「ペンション」だけでどれもシリーズの面白さに欠けている。」への2件のフィードバック

  1. ズンドコベロンチョ

    そうですか…
    ちょっと微妙なソフトのようですね

    今作品は、DLCの話が出ていたし、その内容も既にソフトに入ってるタイプみたいなので、何だかなーと思っていたので控えてました

    合併やソーシャルに手を出したりちょっと先が不安ですねー

    返信
    1. uutan 投稿作成者

      そうですね。いずれダウンロードコンテンツ全部いりのベスト版か出そうな気がするのでそれまで待ってもいい気がします。

      返信

コメントを残す