[ゲーム感想]428 ~封鎖された渋谷で~/PS3 サウンドノベル スパイク 95点

「428 ~封鎖された渋谷で~」感想。
このゲームはWII発売後にPS3 に移植されました。
サウンドノベルなんだからWIIでもいいんじゃないかと思いますが、
実は文字を読むサウンドノベルだからころHD対応のPS3と相性がよいんです。
文字がくっきりはっきり読みやすいです。

さてサウンドノベルといえば「物語」ですが
シナリオは抜群によいです。
サスペンス映画好きでこういうどきどきは見慣れているのに面白い!

そしてその面白さが「サウンドノベル」にしか出来ないこと。
このゲームは時間軸に沿って登場人物をザッピングして物語を進めていくんですが
タイムラインを見ながら選択を選んで物語を進めていくのがとても楽しいです。
ひとりひとりのドラマもしっかりたっていてとても魅力的!
時にはシリアス 時にはコミカルにと 読んでいて
気持ちがいい文章もいいです。 

そして、キャラクターは実写ですが静止画なのに動画のような迫力があります。
音楽と文章のシンクロもすごい。
そのせいもあって途中でやめられない面白さがありますよ。

さすが海外ドラマ24を参考にしただけあって どこで「続く」を入れればよいかよくわかっています。

ボーナスシナリオの出来も秀逸で 思わず涙腺ゆるんじゃいました。
音楽と文章、演出とどれをとってもサウンドノベル最高峰!

ゲームとの枠を超えてエンタメとして優秀です。
おすすめ!

コメントを残す