ゲーム業界の大型連休の話 オフシーズンに長期休みそれが業界スタンダードなのだ

本日ゴールデンウィークなかび
皆様どうお過ごしですか?
有給つなげて長期休暇にしたひともおおそうですね!
え、わたし?わたしにゴールデンウィークはありません
うわーい!
というわけで本日はげーむ業界の「大型連休」の話
ゲーム開発は時間が勝負
時間はお金では埋められません。
一昔前は一部のひとの情熱でカバー(泊り込みどんとこいスタイル)してましたが
「個人」でできることの限界もおおく 家族がいるとそんな生活つづけられないし
このご時勢 あやふやな勤怠スタイルは認められなくなったので
少なくなりました。
でも遅れを取り戻さないといけない!
そうするとみんながお休みしてるときしかない!
ということで必然的に「休日振り替え」で出社して時間を稼ぐことになります。

ゲームの規模にもよりますが大体マスターアップの
半年前はだいたい祝日はなきものとお考えください(笑
そしてマスター2ヶ月前は土日もささげるのだ!
で、ゲームってゲームショーがある秋 年末から年始がゲームの売り時が多いので
「夏休み」や「冬休み」はたいてい振り替えになっちゃいます。
もちろんあとでまとめて「お休み」かえってくるけどね!
でたまりにたまったお休みとマスターアップ休暇で
その後はオフシーズンの長期休み!
すべてつなげるとらくらく1ヶ月休めることも多いです。
こういうときに「アクティブ」にお休み使う人と
「家で蓑虫」になるひとにわかれます
「アクティブな人」は 海外を転々としながら遊びまわって
気がついたら日本人?見たいな面影になって返ってくるし
「家で蓑虫さん」たちは時間の定義がなくなって返ってきます(笑
ただ最近は短期納品スピード勝負のゲーム開発も多いので
この休日出勤からのオフシーズン長期休暇スタイルの
業界スタンダードも変わってくるんでしょうね
だって短い期間でマスター迎えるラインの場合
いつまでたっても休めないもん
ここら辺はじょじょに調整していくしかないんでしょうね
一気にハンドル切ると不満続出なので
一度祝日デフォルト出勤なかんじ(会社側からは強制力行使しない場合がおおい)
になるとおわるまでそのままずーっとツずくの出
そうするとなんだか「いやになっちゃう」けど
うまく立ち回るひとは「平日」を「有給」等で休日にして
午後会社に重役出勤して 仕事したりしてます。
なら 祝日ふつうに休めばいいのにーって思うかもしれませんが
そこはそれ 「うまく立ち回る」っていうのはこういうこと(笑
一応休みなのでいつでも帰れるし すこし気も楽になるしね!
↓たまに割り切りすごいひといるけどね
姫子さんのゲーム天守閣!-休日あつかいの平日
ちなみにこの業界で「休めない」ことを自己アピールして
やたら「オレ 休めないわあ つらいっす」見たいな人いますが
そういう人の発言はちょっと注意
実はこの業界大昔はそうゆうの当たり前だったらしいですが
今は お国から注意受けたり いろいろ問題多いので
かなり改善されています。
だいたいそういう状況を同じ会社で何年もいて
一向に変化の兆しがないということは
その人に影響力なさすぎだし
会社じたいもかなり時代遅れかなあ。
ちなみに短期決戦がたのとまりメインの時間の使い方をしても
「燃え尽き症候群」で業界ロストするか
病気になるかしていいことなし
なので業界を目指しているかた!
大型連休の期間やすめないこと多いけど
そのあと学生クラスのオフシーズン長期休暇が取れるこの業界
海外放浪したい人とか お遍路めぐりとか
普通じゃ出来ない連休ライフがおくれるよ!
しかもその経験がそのまま生かせる職業なのがいいよね!

いつまでも学生気分!それがこの業界のよさであり悪さなのでした
もくじ
 →「2011年ゲーム業界のはなし」もくじ

コメントを残す