[映画感想]/アバター 95点

アバター [初回生産限定] [DVD]
アバター 95点
 
<あらすじ>
22世紀、人類は地球から遠く離れた衛星パンドラ。元兵士ジェイクは先住民ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体<アバター>を得てパンドラの地に降り立ち、ナヴィの族長の娘ネイティリと恋におちてしまう。
お勧めです。
自然あふれる色彩豊かな惑星パンドラにとにかく感情が揺さぶられました。
物語もすごくシンプルでストーリーも先が読め、監督が訴えたいことが前面に出てくるところもありますが
そんなことがどうでもよくなるぐらいパンドラに魅力があった。
たとえるなら 映画「アース」のような自然ドキュメンタリーをみている感覚に近かった。
あと今回憎まれ役が非常にすばらしかった!
見てるとき主人公たちと一緒になって「こなくそー」って手握り締めてました。
いろいろ3.D映画は見ましたが初めて3Dで撮る意味を始めて感じました。
2Dよりは断然3Dで見たほうがよいですよ。惑星パンドラを身近に感じます。
だた、みなさん言われていますが字幕は3Dと相性よくないらしく結構疲れます。
3D上映にもたくさん種類があるのでよく調べてからいきましょう!DVD待ちは後悔しますよ!

 →映画レビューもくじへ

 
姫子さんの天守閣!-アバター

コメントを残す