ゲーム依存について考えてみるよ 私のシュークリーム依存の告白付き

「ゲーム依存の子供は高収入高学歴になりづらい」
こんな話がネットにのっていたのでゲーム依存について
私の過去の苦くも甘い依存生活とおもに考えて見るよ!
ゲームにかかわっている私がいうのもなんですが
依存しちゃうのもわかるぐらいゲームのエンタメ魅力ありますね。
一人で遊べるというのが他のエンタメに換えられない魅力なんですよね。
でもゲーム以外でも依存状態になるとどんなことでもいい影響はないかな
私も一時期 コンビニのシュークリームはまってって
がんばったご褒美にシュークリーム だったのが
シュークリームがないので がんばれない になりました。
こうなるともうシュークリームしか考えられなくて
いやあ、あの時はシュークリームにもとめてちゃいけないなにか
大事なことを求めていたよう気がします。
あの時確実に 人のぬくもりよりシュークリームの脳に直接くる甘いささやきにめろめろでした。
その後 仕事の対価にことあるごとにシュークリーム要求したたら
あるとき 会社の優しいみなさまが机にシュークリームの山積み上げてくれて
私 「シュークリーム」嫌いになりました。
ありがとう!みなさん! 皆様のおかげでわたし、
好きなものひとつ失ったよ!
ちなみにそのあと 体絞るのに ジムががよいしたのはないしょです。
で、ゲームの話
でもだからといってエンタメ去勢されちゃうと絶対がんばる目的失うので
適度に付き合えるように調整する必要がありますね。
すくなくとも依存はやっぱり人をだめにすると思うので。
いくら健康的だからってジョギング依存だと ジョギングのことばっかり
考えてたりしてきっと
「お前の長話のせいで ジョギングいけなかった ふがー」
ってなったりして果たして精神的に健康かといわれるとハテナですし。
一番いいのはいろんな興味をたくさん持つことかなと思います。
そうするといろんなことがつながっていっていくのかな
正直ゲームで培った技術や知識は現実の問題には無力なものが多いです。
ゲームで提供できるものは「人を楽しませたい!物を作りたい!なんか発信したい!」
っていうものかなと思っています。
なのでゲーム依存によって子供さんの選択の幅を狭めちゃう可能性があるのは悲しいです。
ゲーム好きならゲーム作りたいって流れになってくれたり 絵描きたい!
コスプレしたい! なんてそう思うきっかけになってると思うし なれるはずだと思います。
意識してかそうでないかはおいておいて
この業界もなんとかしようとはしてるんです。
できるささやかな答えのひとつが「携帯ゲームのマルチプレイ」かなあと思ったりします。
もちろんたくさんの人に売りたい!ってこともあるとおもうけど
結果的にゲームを一人であそぶものからみんなで遊ぶものに変えていってるとおもう。
一人で遊ぶと際限なくなるけど 複数で遊ぶとたいていすぐ違うことやりたくなるものかな。
据え置きハードのマルチプレイと違って 携帯ゲームはひとの顔見ながら遊ぶのが
一番たのしいから。
このマルチプレイゲームのおかげでゲームって
背中丸めて暗い部屋でピコピコイメージから 明るいお外でわいわいがやがや楽しむ
アウトドアゲームイメージになりました。

エースコンバットX2 ジョイントアサルト遊びながら 
「実は クラスの○○ちょっときになってるんだよね」
「そう思ってるなら撃墜しちゃいなよ!」 「そうだよ!」 
「うん、私 撃墜覚悟でいってくるね!みんなありがとう!」
みたいな展開あるかもしれないし。
やっぱり一番楽しいのは人とのコミュニケーション!!
ゲームは子供の重要なコミュニケーション補助ツールのひとつです。
子供向けなのに廃人仕様はちょっと考えてね。
廃人はすべて自己責任の大人のみなさま向けでいいんです。
作り手も遊ぶ人たちのケアも考えないといけない時代。
それだけ世の中に影響持つようになった文化なので
作りっぱなし 売りっぱなしじゃなくて遊び終わったらなんだかほんわり心に残るものがいいですね。
でも一番いいのは家で子供を一人にしないことかな。みんなで遊ぶのたのしいよ。
いずれは「PTA推奨FPS」なんて宣伝できるようなものつくっていきたい、そう思う私でした。
最近のゲーム雑記
 
 →ゲーム業界の中古対策の今と未来 どんな感じかまとめてみたよ!
 →
日本のゲーム業界元気がないのは DSのせい? そんな話題に私考えてみるよ
 →私 ゲーム要素のばら売りについて考えてみるね。
もくじ
 →ゲーム業界のはなし 掘り出しもくじページ。
↓本日発売 私今日からこのゲームに依存しちゃう!

エースコンバットX2 ジョイントアサルト
エースコンバットX2 ジョイントアサルト

ゲーム依存について考えてみるよ 私のシュークリーム依存の告白付き」への6件のフィードバック

  1. ノウスウ

    SECRET: 0
    PASS:
    正直趣味になるようなものは実生活では殆ど役に立たないものばかりです。
    それでもストレス発散は趣味に没頭するのが一番ですね。

    返信
  2. ひろ

    SECRET: 0
    PASS:
    ジョインアサルト僕もいまプレイ中です!
    最高ですよねえ
    熱い無線でテンションあがりまくりです(笑

    返信
  3. μ

    SECRET: 0
    PASS:
    ご無沙汰しておりました。μです。
    まあ、依存するのは実際、それ以外にも子供はいろんな体験を持つべきであり(ゲーム開発に携わった人ですら言ってますから…)、それを思えば良くないことですよね…。
    ただ、高学歴になりにくいっていうのは?ですけど…。
    あと、昔の某ゲーム雑誌にも『ゲームは役に立つことがあるはずですよね』という問いに対し『所詮、遊びは遊び』ということと、『そんなこと考えずに仲良く遊んでよ』みたいなことを書いてありましたが、ちょっとケースが異なるとはいえ、この記事と同じような感じのことを書いてましたし、言ってることは決して間違いではないと思います(ううたんさんもゲーム開発に携わる人ですし)。
    でも、例えゲーム依存みたいな感じでも、友達と『あのゲームは…』『このゲームは…』とグループ間どころかクラス中、あるいは先生と生徒の間でも話している様子が僕の高校では見受けられましたので、やっぱり、ポケモンとかモンハンのようなタイトルをゲーム開発者は作っていくべきなんでしょうね…。
    ただ、マルチプレイでもポケモンやモンハン中心に話されるということは、なかなかそういうゲームを出すのも難しいみたいですね…。
    とにかく、今後も頑張ってください(^∇^)!
    ではでは。

    返信
  4. ううたん

    SECRET: 0
    PASS:
    >ひろさん
    ひろさんもやってるんですね。
    司令官の声が渋すぎてそれを聞くだけでも楽しい!
    私 いまシングル始めたばっかりで
    明日の夜ぐらいにマルチで遊んでみるつもりです。

    返信
  5. ううたん

    SECRET: 0
    PASS:
    >μさん
    おひさです
    みんなで楽しく会話できるようなソフト いいですよね。
    それだけ浸透してるとそのタイトルにかかわった人はうれしいです。
    マルチプレイゲームは人がいないと遊べないので あんまりパイ多くないんですよね。それはどの会社もわかってるんですが もうそういったトレンドなので無視できないんです。
    なのでどの会社もエースクラスの続編ソフトで様子見たりしてるんです。新規タイトルのゴッドイーター ヒットは
    とてもすごいです。
    ゲーム依存の話ですが
    生活に必須な能力がわかってる人ならいいんです。
    まだそれを学んでいない人が遊び(ゲームふくむ)に没頭しすぎるのは だめだとおもうんです。
    学歴とかは正直どうでもいいんですが 現代で生き残る能力を身につけられるか そうでないかって大人になってからじゃなくて 大人になるまでに身に着けないと大変です。だって大人社会は大人が生活しやすいように作った社会なので。
    ゲームがその障害にならないようにいい生活サイクルができ いろんな感動に気がつけるような商品(作品)を世に出していければ それにまさる喜びなしです!

    返信

コメントを残す