姫子さんのエンタメ週報「漫画ゲーム本能寺61話反省会とPSVRアンティルドーン Rush of Blood」

今週のいいわけ

顔グラ姫子さん
今月末のhulu解約に合わせて今月中にハンターハンターを全148話&映画2本すべてを見たことで達成感がすごい。だがこの感動をだれとも分かちあえず……。ああ、なぜリアルタイムで見なかった!と後悔する俺である

★ゲーム本能寺61話反省会

インサイドさんで連載中のゲーム本能寺!反省会会場はこちらです

 →第61話:エアコンウォーズ!空調戦線異常あり!?

オフィスでのエアコン設定争奪戦の話でした。

夏に近づくと冷房が強くなってくるけど、場所によって全然体感温度が違うんですよね。
特にゲーム開発のオフィスだとパソコンが多いので普通のフロアより気温が上がりやすいので、機材がいっぱいあるブースとかだとすごいあつくなったりするんですよー。

なんて文章で無理やりフォローしても「ゲームネタはどこ?」って言った感じの内容に反省。
ゲームネタ入れるの忘れたんじゃないんです!ゲームネタなくても大丈夫だと思った私がいただけなんです!

すみませーん。次回はちゃんとがっつりゲームネタ入れますから許してください!
そしてこのネタのオチのためゲーム本能寺!の一番の良心キャラが悪オチしてしまった作者のわがままをゆるしておくれ。

次回は 2017/7/6(木)インサイドさんで18:00以降更新予定です!
漫画の総合もくじはこちら→漫画もくじ    

 

 ★たしなんだゲーム

PSVR「Until Dawn: Rush of Blood

アンティルドーンの世界観をVRでライド型シューティングゲームにした作品。
全7ステージ中今は3ステージまで進行済み。

とにかくライド感がすごい!本当に乗っているかのよう。そして超コワイ!
ライド型なので、ディズニーランドのカリブの海賊みたいに進む先で動く展示があるんですがこれがかなり見応えあり!そしてそんな子芝居展示の中にシューティングシーンがある感じ。敵が出てこないシーンは隠しターゲット探しの遊びあり。

このターゲット探しで回りを見渡すのでそれが逆に想像力を掻き立てコワイのです!
1面のプレイ動画をとったので参考に↓

動画だけ見ると「ふーん」って感じです、VRプレイ中はもう心臓バクバクの緊張でした。

そして一番すごいのは視点が動いてるのに全然酔わないこと!
そして酔わないけど落下時のGは超リアルに感じちゃうこと!

視点から感じるG(重力)感にこんなにも安心(ゲームはホラーだけど)して身をゆだねられるそれだけでVRゲームとして高評価。
PSVR買ったらこのゲームはマストで買ったほうがよいです!
ちなみに怖いのダメな人でもライドという特性上乗ったら割と怖がりながらも楽しめるかんじなので大丈夫!

少し惜しいなと思ったのはPSMOVEの対応。
このゲームは左右に武器を持つ2丁拳銃スタイルでMOVEを2本もってると左右別々に照準を合わせられるのです。
でもこのMOVE2本はなかなか敷居が高いのでコントローラー2個やMOVE1本とコントローラー1個みたいな組み合わせも許容してほしかったなあ。
コントローラーのみだと左右別々には狙えないので、それができるだけでさらに没入間あがるのになあ。

PS4「GRAVITY DAZE 2 」

ついにクリア!
アクションや操作面での進化を期待してたんだけどそのあたりの印象は変わらず。
バージョンアップなゲーム内容のはずなんだけど前作ほど乗れなかったなあ。

いろいろやろうとはしてるけど付け焼刃な仕組みに頼ることが多く、そのせいで
自由に飛び回れる基本の楽しさを阻害するミッションも多かったのも乗れなかった要因かな。

あとで時間があったらレビューかくかも

PSVITA「GRAVITY DAZE」感想 どこまでも落ち続ける快感。オリジナリティあふれる重力箱庭アクションゲーム

 

★今後たしなむ予定のゲーム 

PS4「ウォーキング・デッド シーズン 2  」



ソフトは買ったので次からゲームプレイ開始!

PS3「ウォーキング・デッド」感想 その精神までしっかり「ウォーキングデッド」半端ない。重い選択を迫られ 葛藤する主人公の表情が心に染みる!

PS4「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

ドラクエ11は3DSと悩み中。PS4はリードプラットフォームだし、綺麗なグラフィックで遊びたい反面 3DSはある程度出来上がってからの開発だからかドット絵モードや過去のドラクエ世界に行けるミッションなどお遊び要素が多くてなおかつ実売でPS4版より約2600円ほど安いんだよね。

PS4「Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

スプラトゥーン初体験!&対戦型TPSも初めてなので楽しみ!

以上エンタメ報告でした。

 

コメントを残す