3DS「真・女神転生4」感想 携帯機でもしっかり「メガテン」!シリーズ未経験者も安心なやさしさ設計も嬉しい

真・女神転生IV
真・女神転生IV

3DS「真・女神転生4」感想です

★メガテンシリーズ最新作!

ダークな世界感 神と悪魔 そして悪魔合体と
コアなRPGの代表の女神転生のナンバリング最新作が3DSで!

★シリーズ未経験者も遊びやすく!

メガテンやったことない人でも安心
システムやルールはシリーズの伝統を引きつぎ
遊びやすくなってます!

 ①全滅してもその場コンティニュー
   メガテンといえば「主人公」が死ぬと即ゲームオーバーで
   セーブデータからやり直しでしたが
   今作ではなんと「パーティ」が全滅するまで戦える!
   さらに、全滅しても「その場コンティニュー」可能!
   「マッカ(ゲームない通貨)」か
   「ゲームコイン(3DSでたまるポイント)」を消費する必要はあるけど
   ゲームコインは使い道も特にないのでいっぱいたまってるはずなので
   実質無限にコンティニュー!セーブもいつでもできるので安心感もばっちり!

 ②悪魔の知識不要な悪魔合体
   女神転生の売りである仲間を合体してより強い仲間をつくる「悪魔合体」
   とても楽しいんだけど始めてのひとには複雑でいまいちピンと来ないのも事実
   そんな「悪魔合体」も便利にわかりやすく調整

   合体の楽しさはそのままに 
   おすすめ悪魔を見繕ってくれたり
   特殊な合体ルールを気にせずさくっと「検索」で
   気に入った悪魔を簡単に合体です!

 ③ミッション形式で展開を把握しやすい
   全てがミッションという単位で物語が進行し
   目的やどこに行けばいいのかすぐにわかる
   そしてAIナビの「バロウズ」さんが
   ミッションの進行具合をそのつどレポートしてくれる親切設計

   あれ?どこに行こうとしてたっけ?
   っていう心配無用でお気楽中断プレイOK!です
 

★使い捨てじゃない!仲間を成長させてる感バッチリの悪魔合体

悪魔を合体してより強い「悪魔」にする
メガテンシリーズでおなじみの悪魔合体

今までは「スキルの継承」に何かしらの制限があったけど
今回は合体元、合体後の悪魔のスキルを制限なしに全て選んで取得できる
太っ腹仕様!自分で自由にスキルの組み合わせを考えて継承、成長させられます

そのため 交渉で強い悪魔を仲間に引き入れるよりも
合体繰り返した悪魔のほうがスキル的に強くて育てがいがあるんです。

合体履歴も残るので
「魔神オーディン、お前もとは外道スライムだったんだなあ。成長したなあ」
と感慨に浸れます。

ただあまりに自由に引き継げるので
「悪魔」自体の個性は薄まった感はあるかな

あとどうしても簡単に「弱点」を「耐性」の引継ぎでつぶしやすくなってるので
中盤以降はほぼ弱点なしな悪魔が作りやすく
スキル取得の自由さもあってどの悪魔もおんなじ感じになりやすいです

★プレイヤーの成長も自由度アップ!

レベルアップで得られたポイントを任意にパラメータ振り分けられる
メガテンおなじみのシステムからさらに自由度がアップ

仲間の悪魔がレベルアップしたさい その悪魔のスキルを
任意に継承できるようになりました。

一極集中で「物理の鬼」にするもよし
魔法メインの「弱点狙い」にするもよし
だけど万能にはできないスキル枠がにくいです(笑

その代わり「装備品」は印象薄め

このゲームいわゆる防御力がなく
装備品は「HP」を増やしたり「属性耐性」を変更するのがメイン。
装備品での属性変化は大体は弱点1~2個と耐性1~2個の組み合わせなので
いくつか弱点変更できる装備があれば他はあんまり必要ないです。
マッカ(お金)も余裕ないのでどうしても軽視がちかな

武器に関しても単純に物理攻撃力が上がるのがうれしいのは序盤だけで
中盤以降は魔法等の「属性」攻撃メインになり印象薄めかな

★ヤル気にさせちゃうサブミッションたち

ゲーム進行とは関係ない「サブのミッション」
○○を倒せ とか ○○を納品せよととか
いわゆる「やりこみ」系の遊びですが
これがすごく楽しい!

一つ一つがメインストーリー追っかけながら
ちょっと寄り道するとできそうなかんじで非常にコンパクト
開放バランスも「もうそろそろレベルあげかねてミッションやりたいなあ」
って思えるときにいくつか開放されたりして「ヤル気」にさせます

収集ミッションは随時進行でき
納品物を見つめるたびにAIの「バロウズ」さんが
「あと残り1個よ、がんばって!」なんていってくれるので
「あ、それならあつめちゃおうかなあ」って気になります

ミッションとか収集とかに興味持てない私が
基本気がつくとかなりの数のミッション達成してました!

★ワールドマップのわかりにくさはうーん

シリーズの伝統な「ワールドマップ」があるのはいいんだけど
どこが通れるのかどこに目的地があるのか非常にわかりにくい

せっかくミッション形式で親切に目的地等の情報はあるけど
ワールドマップの把握にしにくさでどっち行けばいいのか「?」なことも
また、道が入り組んでいていけそうでいけなかったして
ストレスがちょっとたまるかな

せめてミニマップ上で入れる場所の名前がみれるといいんだけどね

★まとめ

丁寧に作られている良作RPG
プレイ時間も50時間は余裕で遊べます

一見 これメガテン?って思える ファンタジーの世界感だけど
シナリオや雰囲気はきっちりメガテン
もちろん雑魚でも気を抜くとすぐ全滅の危機になる点も(笑

だけどしっかり新規さんへの間口の広さも確保して
理解できたらもっと楽しいよ!って思わせる感じになってるのもよいですね

個人的には「プレスターン」のバトルは
メガテン3からペルソナシリーズにいたるまで
ずっとつかわれているので新鮮味が薄いかな。
もうそろそろ 違ったメガテンバトルも見て見たいかなと思いました。

100点満点で 90点

コメントを残す