PS3 ヘビーレイン ファーストインプレッション-

HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき-
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2010-02-18)
売り上げランキング: 2

ヘビーレイン2時間ほどやってみた感想です。ネタばれなしです。
インストール待ちの時間でオリガミキラーのオリガミの作り方が出て おもわず画面の指示に従って折っちゃいました。机にちょこんと乗っけるといがいとかわいいです。
まずは 操作性です。
主人公を操作してマップを移動できることに驚きました。
そしてさまざまもの触れることが出来るのですが、コントローラーの使い方の考え方が 快適性よりも没入感が高くなるように設計されています。
当初モーションコントローラー対応だったこともわかります。
なので扉をあけるのもただAボタンではなくて 扉をあけるイメージでアナログスティックを倒します。
感情をコントローラー操作で表現しようとした感じにも取れました。
たとえば子供を肩車するシーンでも子供を担ぐところの「よいしょっ」って感じや そのまま飛行機みたいにあるきまわる感覚、そして地面に子供をやさしくおろす操作などうまく表現されてます。
操作でユーザーとコントローラーの距離がチジマリ、主人公たちの思考に同調できるがすごいです。
今後厳しい選択を迫るシチエーションなどでこの操作をさせられるとおもうとどきどきします。
グラフィックはヘビーレインというタイトルどおり 重い雰囲気がみごとに再現されています。
部分のリアルもそうですが、存在感を持たせるための全体のつくりがうまい。
人間がどういうところを見てリアルに感じるのかをすごく研究しています。
とくにオープニングのスタッフロール部分の土砂降りの雨の町で人々が雨にうたれる表現をみれば映画が好きな人は
もう完全ノックアウトです。
今後の展開も大期待です。

コメントを残す