姫子さんのエンタメ週報「ゲーム本能寺40話予告とノーマンズスカイ&君の名は」

今週のいいわけ

顔グラ姫子さん

夏が終わる……。

  ★ゲーム本能寺40話予告1コマ

ゲーマーさんの間で炭火のようにじんわりとひそかな人気。ゲーム情報メディア「インサイド」さんで連載中40話予告一コマ。
yukoku40

 

今回はこんなコンセプトのお店は嫌だシリーズ第2弾です。

シリーズ第一弾はこちらのお話です
 →【姫子さんのゲーム本能寺!】第36話:こんなコンセプトのお店は嫌だ!ソシャゲなお寿司屋編

次回は 2016/9/1(木)インサイドさんで18:00以降更新予定です!
漫画の総合もくじはこちら→漫画もくじ

★たしなんだ映画

映画「君の名は」を見た

アニメーション「秒速5センチメートル」で有名な新海誠監督の長編映画で
夢で体が入れ替わってしまう男女の恋模様をえがいたSFファンタジー。

序盤の出来は青春男女入れ替わりものとしては大満足!
コミカルに日常を重ねていく描写がとても楽しい!

いつものなんでも美化美化なシーン構成やおセンチすぎる演出も抑えめなので物語にすとんと入りやすくなった気がする。
あと相変わらずミュージッククリップ的なシーンは程よく青春心を揺さぶってくるのが心地よい

あとは神木くんのおねえ的演技がいい!
シリアスなシーンでもギャグにならないぎりぎりの演技でこれを見るだけでこの映画は個人的に満足!

ただ、物語のクライマックスのある行動と途中のスピリチュアルな流れに若干引いたのと
いつもの監督さんといったかんじで終盤の流れがいつもとおんなじなのが少し気になった。
あとタイトルの「君の名は」に内容がハマりそうではまってない気がする。なんかすごい惜しいかんじなんですよね。もう一工夫あればばっちりはまった気がする。

100点満点で80点。

★たしなんだゲーム

PS4「No Man’s Sky

無限の宇宙を体感できるスペースアドベンチャーゲーム。
売りは惑星から宇宙、銀河へとシームレスにつながるマップと自動生成で無限ともいえるバリエーションで作られる惑星や生態系を発見できる斬新なゲーム設計です。

いろいろ賛否はありますがこのゲーム、いわゆる雰囲気ゲーです。
自分自身でロールプレイできる人じゃないと楽しめない感じのゲーム。
ちゃんとこのゲームのウリを理解して買わないと淡泊なゲームプレイな本作でモチベが保てないかも。

①ゲーム史上半端ないスケール感を堪能したいひと
②宇宙にロマンを感じる人
③未踏の地という言葉に惹かれるひと

のようなひとはきっと楽しめます。

特に一番はゲーム史上最大級のスケール感!
距離ではなくて時間で示してるところも宇宙の無限の広さを感じていい!
だって惑星に着陸して徒歩で目的地行こうと思うとおもったら当たり前に7時間とか表示されたりするんです。もちろんゲーム時間じゃくてリアル時間で。

ゲームサイクルは素材を集めて必要なアイテムを作るの繰り返しなんだけど
少しづつ宇宙が見えてくるような誘導はあるので程よくジャーニーな旅を楽しみながら目的をもって遊ぶことはできますよ。

ダウンロードオンリータイトルで2980円ぐらいならだれでもその価値に満足するけど
パッケージのフルプライスだと 求めてるものが違うと思うひとも多いかも。

★今後たしなむ予定のゲーム 


近日配信 ios&アンドロイド 囚われのパルマ
カプコンのガラス越し恋愛アドベンチャー
あんまり乙女ゲームには惹かれない私だけどこれは気になる!
基本無料ゲームじゃないのもうれしい。あとは価格次第。エピソードづつの配信なので初回は無料か低価格で続きが適正な価格設定になってるんだろうなあと予想。いい人だと思ったのにで、でも、ぐぬぬ感に期待。


9月15日 PS4「ペルソナ5

ペルソナシリーズ最新作。遊びたいけどNo Man’s Skyを嗜み中だと思うので発売日には買わないかも

9月30日PS4「ファイナルファンタジー XV

発売日が9/30→11/29に変更
ディレクターさんのコメントの極上クオリティ連呼が若干気になったけど
いろんな意味でのぎりぎり感はわかるのでぜひ頑張ってください!

以下はいつかやるゲーム扱い

6月30日 PS4「ウォーキング・デッド シーズン 2 【CEROレーティング「Z」】

前作はまさに傑作!なアドベンチャーゲームで待ちに待った続編発売!
前作の続きなので未プレイの人は過去作からぜひ!

ちなみに前作の感想はこちら
 →
PS3「ウォーキング・デッド」感想 その精神までしっかり「ウォーキングデッド」半端ない。重い選択を迫られ 葛藤する主人公の表情が心に染みる!

以上エンタメ報告でした。

コメントを残す