姫子さんのエンタメ週報「末広亭で初寄席とハンニバル」

このコーナーは 先週1週間で消化したエンタメの報告です!現在遊んでるゲームやドラマ、アニメ、本の簡単な感想もあるよ

今週のいいわけ

顔グラ姫子さん


最近あんまりゲームをしていないのはすべて
Huluのせいである。

★初寄席いってきた!

初寄席いってきた。場所は新宿3丁目にある末広亭
東京にある寄席としては唯一の木造建築で
こんなところにあるの!っていうかんじのノスタルジックな素敵な外観で
アニメじょしらくのモデルになったらしいです

余生は昼の部と夜の部があってそれぞれ約4時間ほどで入場料は3000円
でも入れ替え制ではないので 昼の部からずーっといられるらしいです。

私が行ったのは夜の部。1700~入場

入る前はきっと、常連なおじいさんおばあさんばっかりだと思ってたけど
実際は若い人がおおい!カップルもいたし外国の方もいました。席は半分程度うまってましたよ
初めて来たけど普段みない和の空間でリラックスできる雰囲気。

1芸15分程度でどんどん繰り広げられる芸の数々
落語はもちろん、漫才にコント、万弾奇術に曲ごままで!

落語ってなんか予備知識とか必要そう!なんて思ってたんですが
舞台は江戸時代でも現代にアレンジされていることが多いので違和感なく見れる!
聞きほれるとはこういうことを言うのかって思ったです。

特に印象深かったのは講談
釈台と呼ばれる机の前で張り扇で小気味よく台を叩いて
読み聞かせてくれる芸なんですがこれが迫力満点!

ここぞというところで「タターン!」と鳴り響く音で
こんな風に学校でも授業してくれたらきっと勉強も楽しかっただろうなあって感じです!

といろんな人の芸をみたあとラストに登場したのは突撃晩御飯のヨネスケさん!
プログラムに桂米助と書いてあったけどあのヨネスケさんとは!
無名なひとも有名なひとも芸の前ではみんな同じ!そんな粋な商売なんですね

ちなみに笑点でおなじみの歌丸さんクラスのひとも来ちゃうみたいです。

見終わったあと外に出たら末広亭に長蛇の列にびっくり!
どうやらこれは毎週土曜日の21:30からは500円で若手の落語の列だったみたで
毎回人気なんだそうです。

こんなに愛されている文化なんだなあと素直に思った私でした!

これで今週公開の漫画ゲーム本能寺!のオチもばっちりだね!と言いたいところですが
そんなにオチオチしてられない状況であることをここに報告しておこうと思います!

 ★ドラマ「ハンニバル」が超おもしろい!

Huluでシーズン2までみた。これがめちゃおもしろい!

見どころは主人公FBI捜査官ウィルと精神科医であり食人殺人鬼であるハンニバルとの交流

初登場時からすでに情緒不安定なウィル捜査官の得意技は
犯罪者の思考に共感しながら推理するという心に超負担かかりそうなスタイル。
凄惨にもほどがある悪趣味犯罪に対面し心を削って推理するので回を追うごとに廃人と化すウィル
そんなウィルの心の隙間を補うのが知的でジェントルで人のお肉がちょっと好きなハンニバルさん

といったかんじで 映画「羊たちの沈黙」や「レッドドラゴン」でおなじみの捜査官がサイコであるハンニバルさんとの交流で事件を追いかけていくスタイルそのままに さらにダークにしたかんじの作風です。

事件のシーンはこれTVで放送できるのか!というほどグロさ半端ないですが
よくぞこんなこと考えた!という行き過ぎたバリエーションの数々に途中で麻痺します(笑
なのでウォーキングデッド見れてる人なら大丈夫だと思います

それよりも毎回出されるハンニバルさん料理シーンが恐ろしい
彼はおもてなしをするのが大好きで事件の展開に合わせて皆さまを招待するんですが
趣味ってレベルじゃないクラスの超手の込んだグルメ料理なんです。はっきりいっておいしそうです!
でも、そのお肉ってもしかして……

シーズン3で打ち切りになった作品ですがシーズン2を見る限り
だいたい気になる展開は出尽くしてのシーズン3なのと
原作の隙間を埋めるシリーズなので途中で終わっても補完しやすい作品なので
最後まで楽しめそうです。

★たしなんだゲーム
3DS「大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-


3章までクリア。
ひきつづき、あんまり進んでいない……

PS4「CHAOS;CHILD

カオスヘッドノアの世界観の続編アドベンチャーゲーム
まだはじめたばっかり。
カオスヘッドノアは主人公がきもすぎてちょっと乗れなかったけど今回はほどよい按配。 
来栖さんの立ち絵のときに首が細すぎるのが少し気になる。
よく見る立ち絵なので もうちょっと調整してほしいなあ。他のカットは気にならないのになあ

以上エンタメ報告でした。

コメントを残す