PS3 うみねこのなく頃に ~魔女と推理の輪舞曲~ 初感想 魔女と推理合戦するのだ

うみねこのなく頃に ~魔女と推理の輪舞曲~
うみねこのなく頃に ~魔女と推理の輪舞曲~
ひぐらしのなく頃にで有名な 
竜騎士07さんの同名同人作品のPS3コンシュマー版です。
今年の春にTVアニメにもなってたんですね。(知らなかった)
「ひぐらし」は会社の先輩におすすめ借りて
最初はあんまり乗り気じゃなかったけどその挑戦的な展開が
私の「ミステリ読み」の魂に火をつけて 睡眠時間削って考えてたなあ。
ちなみに エピソード1は自力解明 できたのが自慢です。
ひぐらしプレイしていない人に簡単に説明するとこのゲーム ゲームじゃないです。
表現方法はサウンドノベルですが選択股等のゲーム要素は一切ないです。
問題篇といわれる連作エピソードでくりひろげられる 事件や怪異の謎を自分で考え 推理して 
解答篇を読み進めていく読者挑戦謎解きサウンドノベルです。
選択股はないけど その問題篇の4編からなるエピソードが
「もしここでこの行動をしていたら?」 というIFの話がつづられ
さらにエピソードごとの4篇の解答篇 そして すべてのエピソードの謎等が
明かされていく過程が楽しいんですよね。
「うみねこ」も問題篇 解答篇に分かれていて 今作は問題篇が4エピソード収録されています
なんと 解答篇は入ってないのです!
なので発売されるであろう解答篇まで いろいろもんもんと推理することができますよ
ちなみにPS2版「ひぐらし」も問題篇 解答篇に分かれていて
問題篇持っている人向けにアペンド版がでたので今作もそういった流れがいいなあ。
前置きが長くなりましたが ファーストインプレッション
エピソード1の本編とお茶会読んだ時点での感想です。
エピソード1を読み終わった時点で12時間。
私 文章読むの早いほうなので 普通の人はもっとかかるかも
ボリュームすごそうです。
相変わらず設定はとても魅力的
孤島に洋館に魔女や錬金術etc 
一見古典ミステリー風の展開だけど なんだか気になる違和感
本当にミステリー? ホラー? ファンタジー?
作品中でも揺さぶりをかけてくるその挑戦的な展開がいいね!
前作は 場面によって ひとりよがりの描写(ある意味同人っぽさ)が気になったけど
今作はかなり抑えられています。
この作者独特の文章表現のくどさも前作に比べるとだいぶマイルドになった気がします。
それがこの作者のよさというひともいるかもしれないけどね。
で、文章は読みやすく 気持ちよく読めるようになったんですが
序盤がゆっくり過ぎて モチベーション保てない人も出てきそう。
でも あわてず 事件が動く中盤まで読んでほしいです。
そのあとはイッキ読みの展開ですよ。
このゲームは1エピソード読み終わってからが楽しい思考の時間なので
気になる文章読み直したりするんですが 必要十分の機能はそろっているので安心
いつでもバックログは見れるし チャプタージャンプやブックマークもできます
さらにシナリオ進行に合わせた「キャラクター情報」や重要文章がまとめられている「tips」もいいね。
だBGMがループになってないのはちょっと気になった。
昔ながらのCDトラック再生BGMみたいに途中でフェードアウトしちゃうんです。
ここら辺は簡単に克服できそうなのになあ。
なんでしないんだろう?

BGMって無音にも意味あるから
BGMの読み直しで無音があると演出だと勘違いすることおおかったなあ。
ちなみにこのゲームプレイのお勧めスタイルはオプションで設定できる「オートモード」です。
「オートモード」とは何を押さずに文章が自動送りになるモードで
選択も特にないこのゲームの場合 コントローラー持たないでドラマ感覚で見れていいですよ。
これからゆっくり他のエピソードも読み進めて
魔女ベアトリーチェと推理合戦するのだ-。
↓ 思考ゲームが好きならこのトリックxロジックもいいよ 
  小説をどうゲームにするかの回答のひとつがここにあったりします。続編希望
ゲームレビュー
     TRICK×LOGIC Season1
     TRICK×LOGIC Season2

TRICK×LOGIC Season1TRICK×LOGIC Season2
TRICK×LOGIC Season1
TRICK×LOGIC Season2

PS3 うみねこのなく頃に ~魔女と推理の輪舞曲~ 初感想 魔女と推理合戦するのだ」への2件のフィードバック

  1. こぶ

    SECRET: 0
    PASS:
    レビューを毎回楽しみにしています
    魔女と推理の輪舞の感想、よろしければ
    またお願いします( ^^) _旦~~

    返信

コメントを残す