Ubisoftさんも「中古対策」開始  「プロジェクト10ドル」業界でどんどん採用されそう

Ubisoftさんも「中古販売対策」を開始する準備があるようです。
今回の中古対策はEAさんの「プロジェクト10ドル」といわれるものを
参考にしたものだそうです。
「プロジェクト10ドル」は新品ソフトに1回だけ使える特典DLCのコードを封入し、
中古で手に入れた場合 特典DLCを有料にするというものです。
でその価格が大体10ドルなのでこう呼ばれてるらしい。
すでに「バトルフィールド バッドカンパニー2」などで採用されています。
この無料特典コード自体最近よく見るようになりましたね。
人は特典という言葉には弱いのです。
今回のUbisoftもこれと似たようなものを採用する準備があるそうです。
「DLC自体を発売日にそろえ、なおかつ「プロジェクト10ドル」を参考にした
コードを入力することでDLCを無料でダウンロード
を採用」するかもしれないとうことです。
今後他のメーカーもこれらに習ってどんどん採用していくんでしょうか?
いままでのDLCの考えの主流だった
DLCを継続配信していくことで手元にソフトを置いてもらおうという考え方でしたが
発売日にDLCをそろえ なおかつ 新品販売に無料DLCコードをつけることで
DLCも含めてひとつの商品という感じになりますね。
中古で買うと新品ユーザーは普通に遊べたDLCが有料になってしまう。
これは心理的にはかなりくるんじゃないでしょうか?
もちろん 中古で有料DLCを利用すると 新品のほうがお買い得になるような価格設定
をするんでしょうね。
エスカレートして ゲーム本編の一部がDLC化されることもあるかも。
メーカーにとってソフト購入者の直接的な利益につながるのは

予約購入者 > 新品購入者 >>>> 中古購入者
のような感じだと思うので いつも中古産業が目の堅きになっちゃいます。
ただ、ゲームショップさんのブログをみていると 新品でもショップ経営が大変で
中古も扱うことで乗り切っている現実もあるそうなので
まずは新品販売のばくちっぷりを何とかしないと。
今後 ダウンロード販売主流になったときも流通や販売との関係がみなおされていくのかな。

姫子さんのゲーム天守閣!-購入者たち

Ubisoftさんも「中古対策」開始  「プロジェクト10ドル」業界でどんどん採用されそう」への4件のフィードバック

  1. ヒゲ店長

    SECRET: 0
    PASS:
    ゲームの仕入は基本買取なので、せめて新品の仕入れ値をあと10%下げてもらえば新品でもお店は成り立つでしょうけど、今の仕入れ値じゃ到底成り立ちません。

    返信
  2. ひー

    SECRET: 0
    PASS:
    カプコンの6ヶ月トロフィーとは大違いw
    ゲームを中古で買う事がほとんどない自分は嬉しい対応です。

    返信
  3. ううたん

    SECRET: 0
    PASS:
    >ヒゲ店長さん
    大変だとおもいますががんばってください!
    みんながしあわせになるいい方法がみつかりますように

    返信

コメントを残す