[読書感想]禍家 /三津田信三 60点

禍家 (光文社文庫)
禍家 (光文社文庫)
相変わらずの三津田怪奇節は今作でも健在。
もちろん 三津田信三さんなので怪現象がただ怖がらせるだけの
要素ではないですよ。
子供のころって変化に敏感で 違和感感じたら
持ち前の想像力で恐怖を倍増させちゃうじゃないですか?
今作の主人公13歳の「貢太郎」くんの恐怖体験も
そんな子供ならではの恐ろしさの感じ方をうまく表現しています。
こういうのって大人に話しても花で笑われるだけで本当に本人だけしか
わからない恐怖ですよね。
実は怪異の謎自体は そこまで斬新でもなく予想できてしまうかもしれません。
でも終盤の切り替えしがなかなか切れ味がよくて私 前の章何回か見直しましたよ。
ミステリー的な謎解きがおわり
すべてがわかるとまさしくこれは「ホラー」です。
このさじ加減が作者の魅力ですね。
正直 刀城言耶シリーズに比べると小粒感が強いです。
キャラクター描写もちょっと弱いので
はじめてこの作者の本を手に取るならそれらのシリーズほうがいいかも。

おまけ
本を見た人に向けて(未読の人はみないほうがよいかも)




でも相変わらずあれはああいうことでしか伝えられないなんて
いつの時代も不器用だなあと思いました。(笑)

コメントを残す